賃料で考えるとお手頃なのは相鉄、
高額物件目白押しはみなとみらい線

横浜駅

複数路線が交差する横浜駅。地下街、建物内で繋がってはいるが、広大なので慣れないと乗り換えに手間取ることも(クリックで拡大)

JRでは京浜東北線・根岸線、横須賀線、東海道線、私鉄では相鉄本線、京急本線、東急東横線、みなとみらい線に横浜市営地下鉄ブルーラインと複数路線が交差する横浜駅。まずはそれぞれがどんな特徴がある路線かをざっと見ていきましょう。

 
京浜東北線

京浜東北線・根岸線磯子駅。同沿線の根岸、磯子以遠は団地やファミリータイプの分譲マンションが多いエリア(クリックで拡大)

まずは京浜東北線・根岸線。根岸線は、横浜駅と鎌倉市の大船駅を結ぶ路線ですが、さいたま市の大宮駅から東京駅を経由して横浜駅を結ぶ京浜東北線と一体として運行されているため、上記のような記載になります。初めての人にとっては分かりにくいと思いますが、単純に同じ路線と考えて問題はありません。川崎、品川、新橋、有楽町、東京、上野、さいたま新都心、大宮などといった主要オフィス街を結んでいるため、横浜勤務だけれど都心へも頻繁に出かけるという人には便利な路線です。

 

横浜以遠では桜木町、関内、石川町などといった横浜の中心部を通り、以降は洋光台、港南台など昭和30年代以降の団地開発に伴って作られた駅が続くため、中心部以外はどちらかと言えばファミリー向けの街になっています。シングルにとっての住みやすさを考えると、横浜中心部ということになりますが、賃料はワンルームマンションで7万円前後と横浜周辺ではやや高めです。

東戸塚

横須賀線東戸塚駅周辺。元々は山林だった場所を造成して団地、マンション、タワーなどが建設されている(クリックで拡大)

次に横須賀線。正式には大船駅から横須賀市の久里浜駅までを指しますが、一般には東京駅と久里浜駅間として考えてください。京浜東北線同様、品川、新橋、東京に出かけることが多い人には便利な路線です。ただ、シングルという観点で考えると横浜以遠は保土ヶ谷、戸塚、東戸塚などファミリー向けの物件が多い地域となっており、賃料は鎌倉市内を除けば6万円前後と手頃になりますが、暮らしやすさという意味では微妙なところ。各駅間に距離があるため、終電を乗り過ごすと大変な路線でもあります。

 

鎌倉

古都であり、水辺の街である鎌倉。独特の雰囲気が人気だが、急いでいる時には駅周辺の混雑がわずらわしいという面も(クリックで拡大)

ただ、大船以遠の北鎌倉、鎌倉、逗子などのように、利便性以外に魅力がある街もあり、海の近くで暮らしたい、古都の雰囲気が好きなどといった人であれば、選ぶ楽しみがある路線といえます。

 

海

マリンスポーツ好きなら海の近くは魅力的。辻堂では駅近くで再開発が行われ、生活の利便性もアップした(クリックで拡大)

東海道本線は東京駅から神戸駅までを結ぶ長大な路線ですが、首都圏で東海道線という場合には東京駅から熱海駅間。横須賀線よりもさらに駅間が長く、かつファミリー向けの雰囲気の街が中心ですが、辻堂、茅ヶ崎など海の近くに住むにはうってつけの街もあります。

 
相鉄本線

都心部に直結していないためか、賃料が手頃な相鉄本線。星川以遠は分譲物件が豊富(クリックで拡大)

横浜駅から神奈川県の海老名駅を結ぶ相鉄本線は横浜に乗り入れる路線のうちでは京急本線と並んで賃料が手頃。さらに沿線には天王町近くにある洪福寺松原商店街のように価格の安さが評判の商店街も複数あり、生活費全般が安くて済むのがうれしいところ。星川以遠はファミリー中心の街になりますが、その手前、平沼橋、西横浜、天王町あたりはお勧め。賃料は5万円台後半から6万円内外が中心です。

 

京急

都営浅草線、京成線と繋がっている京急本線。都営浅草線は都心の主要オフィス街と直結しており、あまり知られていないが非常に便利(クリックで拡大)

賃料の手頃さでは東京都港区にある泉岳寺駅から横浜を経由、三浦半島の浦賀駅までを結ぶ京急本線も負けてはいません。横浜駅は別として周辺の各駅の賃料はおおよそ5万円から6万円。横浜以遠だけでなく、京急川崎との間の各駅も手頃です。この路線は都営浅草線、京成線を経由して成田空港に繋がっているので、海外に行く機会が多い人には便利です。上大岡駅以遠はファミリー中心なので、その手前、弘明寺あたりまでがお勧めです。

 

妙蓮寺駅

東急東横線沿線では賃料がもっとも手頃な妙蓮寺駅。静かな街で、コンパクトな商店街やプールのある公園などがある(クリックで拡大)

私鉄では渋谷駅と横浜駅を結ぶ東急東横線が人気ですが、都心と横浜を結ぶ路線だけあり、賃料は他路線に比べると高め。白楽駅、妙蓮寺駅などのように一部5万円台の賃料で借りられる駅もあるにはありますが、全体としてみると6万円以上が目安になります。

 
みなとみらいエリア

タワーの賃貸マンションなど賃料の高い物件が多いみなとみらいエリア。眺望は良いが、なにしろ高い(クリックで拡大)

その東急東横線からつながるみなとみらい線はそれ以上に高額物件ばかりが集中する路線。みなとみらい駅、馬車道駅、日本大通り駅などといった横浜の都心部を走っているので、立地を考えると致し方ないところ。特にみなとみらいエリアは計画的に作られた街で、賃貸は高額物件がメイン。シングル向けでも10万円以上、カップル、ファミリー向けになると20万円、30万円という物件もあり、よほど懐に余裕がある、あるいは会社が住宅費を負担してくれるというケースではないと居住は難しいでしょう。ついでに言えば、足回り自体は便利ではありますが、毎日の買い物に便利なスーパーやドラッグストアなどはそれほど充実していません。物価も全般に高めと覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

伊勢佐木町

横浜屈指の繁華街伊勢佐木町。商店街は7丁目まで伸びている(クリックで拡大)

もうひとつ、横浜市営地下鉄ブルーラインは東急田園都市線のあざみ野駅から横浜駅を経由、湘南台に至る路線で、横浜駅から弘明寺駅にかけては都心部を走っており、伊勢佐木長者町駅などのように一部、繁華すぎる場所もありますが、生活には便利です。ただし、風俗店が集まっていたり、治安面で不安を覚える可能性があるエリアがあるなど、場所選びは慎重にしたい沿線でもあり、特に女性は注意が必要です。

 

複数路線

横浜市営地下鉄と京急本線は平行して走っている部分もあり、そうした場所を選ぶと2路線を利用できる(クリックで拡大)

賃料の手頃さからざっくり沿線を並べてみると、相鉄本線、京急本線、横浜市営地下鉄ブルーライン、京浜東北線・根岸線、横須賀線、東海道線、東急東横線、みなとみらい線ということになります。探し始める時にはそれを意識、あとは実際の街を見ていくという段取りにすると効率的です。

 
続いて、個人的にお勧めの街をいくつかご紹介します。