深夜料金3000円の目安は7000m、
山手線内の料金で感覚を養おう

深夜のタクシー利用
バブル期ほどタクシーが捕まえにくいことはなくなったが、時間帯、場所によっては待つことも増えているそうだ
深夜料金で3000円の目安は距離にして7000m。といっても、そもそも7000mの距離感自体をつかめないという方もいらっしゃると思うので、まずは山手線内の主要ターミナル間の距離をご覧いただき、距離感を掴んでいただきましょう。

下の図は新宿を始発とし、池袋駅、上野駅、東京駅、大手町駅、六本木駅、渋谷駅へそれぞれ行った場合の深夜料金の目安。大手町、六本木以外は山手線の駅で、新宿に最も近い改札から乗車することとしています。とはいっても、いずれも大きな駅なので、実際には乗る場所などでも料金は違ってきます。また、通るのは幹線道路を主体とし、途中で渋滞したり、工事があったりなどの事態も想定していません。

山手線の主要ターミナル、主要駅間のタクシー料金は?

山手線タクシー料金図
山手線内外の主要ターミナル間の料金で距離感をつかんでみよう


さて、新宿から山手線の反対側、東京駅までは距離にして11000m弱で深夜料金では4480円~。基本的にここでの数字は最も順調に走れた場合での例ですから、表示された額以上にかかるという目安と思ってください。上野まではそれより近く9000m弱、大手町は8000mちょっと、池袋になるとかなり近くなり、6000m弱で、このくらいの距離なら3000円以内になります。六本木や渋谷はそれより近く、渋谷であれば2000円以内の距離です。ちなみに山手線の駅間は1000mから長くても2000mまでとなっています。

東京駅から3000円圏
錦糸町、南砂町、潮見が目安

東京駅
東京駅など大きな駅ではどこから乗るかによっても料金が異なるのでご用心
時計回りに主要ターミナルから深夜料金3000円圏を見ていきましょう。まずは東京。図に挙げた駅は3000円以内で、3000円に最も近いという意味です。たとえば、錦糸町は距離が約6500mで2800円~となっていますが、次の駅亀戸は約7500mあり、料金は3120円~。そこで3000円以内に収まる可能性が高い錦糸町を表記してあるというわけです。

東京駅から夜間3000円で帰れる場所は?

タクシー料金東京編
*基本的に図はすべて目安です


では、次ページでは新宿、渋谷から3000円エリアを見ていきましょう。