振られても大丈夫な人の生き方ヒント

振られても大丈夫な人になるためには

別れの痛みをトラウマにしない!そんな方法がある。

「最愛の人から別れを告げられてしまった……」

本当に本当に大好きな人、相思相愛だった人。そんな相手から「別れ」を告げられてしまった……そんなとき、人は誰でも正気ではいられなくなります。それは「心の大事故」であり、「心の大怪我」の瞬間です。自分の全人格を全否定し、生きる価値さえ見失ってしまう人もいます。

あなたにも過去にそんな経験がありませんでしたか?

「もう恋なんてしない」となったり、あるいは「恋愛」に期待しなくなったり、大きな失恋には後遺症がつきもの。真剣に恋に向きあい、恋を大切にしてきた人ほど、この「心の激痛」と「放心状態」の両方に悩まされてしまうものです。

失恋後の症状は大きく次の2種類のタイプに別れます。

ひとりは「心の傷に上手に痛み止めを塗りこみ、痛みを最小限に抑え、次の行動に出れる人」。そして、もうひとりは「心の痛みに絶えかねもだえ苦しみ、自分が大嫌いになり、なかなか新しい人生をつくる勇気を持てない人」です。

前者は終わった恋に見切りをつけ、仕事や日常生活にも支障をきたさずに「最小の痛み」だけで日々を過ごすことができてしまいます。もちろん涙は流すでしょう。しかし涙とも上手に付き合いながら、新しい人生をつくるために日々を楽しむことに成功しています。この2人の違いはいったいどこからやってくるものなのでしょうか?
 

振られても大丈夫……失恋で必要以上に傷つかない人の特徴

「最愛の人から振られてもそれほど傷つかずに切り替えられる人」にはどのような特徴があるのか?ガイドの25年以上にわたる、恋愛の現場観察の事例をもとに以下にまとめてみました。ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

■常に恋の予感がする異性の友達をキープしている

自分自身が友情と恋愛感情を密かに抱く相手、つまり「お気に入りの異性友達」が複数いる状態。この状態が「失恋後の心」を保護してくれます。「淡く薄味の好き」、そして相手との良好な関係。それが複数あることで、分離され、捨てられた孤独感を最小限に緩和することができるのです。交際中も恋人だけに一点集中せず、広い交友関係を維持したライフスタイルの成果と言えるでしょう。

■出会い続けるライフスタイルを持っている

目の前の恋を失っても「自分には出会い続ける力がある」という自負があれば、途方に暮れることはありません。かつて元恋人と愛し合ったように、未来においても「過去を越える恋」に賭ける勇気を抱くことができるからです。出会い続けるライフスタイル。これもまた「普段の努力」がものを言います。仕事をするだけ。恋人と会うだけ。そんな固定された人間関係ではなく、ビジネスや趣味の「交流会」に顔を出したりと「出会いが流入する毎日」を心がける。それにより築きあげられた「心の状態」と言えるでしょう。

■恋愛と同等かそれ以上に「大好き」な活動を持っている

恋愛しか楽しみがない人は、恋愛に依存しがちです。そして恋を失った瞬間、生きる意味を失い、機能を停止してしまいます。そうならないように「万が一」に備えて「大好きな趣味」「スポーツ」など、それをやっている最中は「恋愛しているような気分」になれる何かを見つけましょう。頭のなかの「快」になれるスイッチがあなたの「失恋の激痛」を弱めてくれます。
 

まだまだあります!失恋で必要以上に傷つかない人の特徴

■仕事が楽しく、仕事の人間関係が良好である

世の中には「仕事が恋人」という人もいます。仕事は「恋」に変わるほど惚れ込める対象なのです。その証拠に「今は仕事に夢中だから、恋も結婚もいらない」という人すらいます。この「中毒性」を活用して「失恋の痛み」を和らげるという方法もあります。仕事が充実することで、恋愛依存症も防げます。「思い女(男)」と思われずにも済み、キャリアも貯金もストックされます。自分の天職を見つけましょう。それが失恋に折れない心をつくる近道なのです。

■楽しい同性友達が大勢いる

恋愛からもらう満足度と、友情からもらう満足度は少し似ています。その証拠に失恋した当日は親友の家に泊まることで、おおきな落ち込みを防ぐことができます。友達に愛されている自分を意識することができるからです。常に楽しい同性の友情を育んでおくことも大切です。いざというときの「パラシュート」になってくれるからです。

■相手が「ろくでなし」で「軽蔑」に値する時

相手が大借金をした。お金を使い込んだ。複数と浮気をしていた。大きな犯罪を犯した。ずっと騙していた。これらの状況に直面した時、人は相手を簡単に「軽蔑」できてしまいます。こうなると「怒り・軽蔑」の感情が「失恋の痛み」に勝ってしまいます。この状況に陥ってしまった方は、失恋の痛みから免れることができるでしょう。

さあ、いかがでしたか?失恋は私たちの生活のリズムを容赦なく「破壊」する「立派な怪我」そして「心の裂傷」です。血が流れる変わりに「涙」が流れ、治癒までに時間がかかり、後遺症が残ることもあります。「失恋後遺症」を軽く見てはいけません。

失恋で必要以上に傷つかない人の特徴を知り、「万が一の事故」に備えて、普段から保険をかけておきましょう。備えあれば憂いなし。振られ起きざられ、機能停止……それだけはぜひ避けて頂けましたら幸いです。

【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。