競技はクローズドでの“タイム計測”

スーパーカーラリーチャレンジ

個人的に今、最も気になるフェラーリといえば、コレ。4シーターミッッドシップのディーノ308GT4。しかもこの個体、ファクトリーメイドの2シーター。右ハンドルのUK仕様と相まって、オトナなF

スーパーカーラリーチャレンジ

迫力のスタイルと豪快なサウンドで、数多の跳ね馬参加車中、最も目立っていた一台、ケーニッヒテスタロッサ・コンペティション

偶然にも、彼女の愛馬と同じ、黒のカリフォルニアに続いてのスタートとなった。「前のクルマ、友人夫婦です。優しく追っかけてってくださいね」。なるほど、フェラーリオーナーならみんなよく知っている、と。そうでしょう、そうでしょう。

「思ったより、乗り心地は悪くないんですね。むしろいいかも」。でしょう? そこが最新ランボルギーニの見どころのひとつ。変速ショックもほとんどないし、ストラーダモードなら、音も静か。「あれ、これって爆音しないんでしたっけ? 」

しますよ、します。慌ててスポーツモードに。とたんにギアは一段落ちで、背後からの唸り声のボリュウムがイッキにあがった。

グォーオオーン、ヴァキヴァキバキバキィ。

グウォォォオーン、ヴァキヴァキバキバキィ。

加速したあとにパッとアクセルをオフにすると、盛大な疑似バックファイア音が聞こえる。これはもう、ミニクーパーからポルシェ911まで、スポーツモデルでは当たり前の装備で、燃料をちょっと垂らして爆発させるという仕組み。ウラカンでは、スポーツモードで“垂らし”が入るのだ。

「うわ~、これはすごい音ですね。とっても品がない感じですよ~」。いや、爆音が聞きたいってアナタが言うから……。

彼女のナビは、まぁ、上出来。というか、走り慣れた都内の道なので、迷いようがなかったというのがホントのところだけれど、ここでヤル気を失ってもらっちゃ、後が困る。せいぜい、M姫の名ナビっぷりを誉め称えておく。
スーパーカーラリーチャレンジ

神田明神で交通安全祈願。結婚式の最中に爆音襲来、失礼しました!

神田明神では、神前結婚式の最中に“乱入”。気を取り直して(どっちがやねん! )、一路、埼玉自動車大学校を目指した。
スーパーカーラリーチャレンジ

スタートは、クルマではなく“人”。決められた秒数を正確に刻むという練習を兼ねたPC競技だ。スタート後は、同じことをクルマで行なう。ドライバーとナビ(と計測器)のコンビネーションが問われる。写真は、あたりの笑いを取りながら競技する、クラシックラリー界でも巨匠・堺正章さん

ラリーというからには、競技である。何を競うのか。ゴールまでの速さじゃない。公道を走るわけだから、あくまでも制限速度遵守だ。競技は、クローズドな場所(駐車場やサーキットなど)での、“タイム計測”だ。PC(prove cronometrate)と呼ばれる競技で、ひとつ又は連続する区間をいかに指定時間通りに走るか、その正確さを競う。たとえば、15m4秒~20m5秒~20m4秒といった具合だ。
スーパーカーラリーチャレンジ

これがPC競技だ。決められた区間を、決められた秒数で、いかに正確に走るかを競う。トップチームともなると、1/100の争いに

埼玉大学校の構内路を使って連続PCが行なわれた。本来は、ラリーコンピューターか、せめてカウントダウン機能付きのストップウォッチを複数個用意して参加しなければならないが、急造コンビにはそんな贅沢な装備などない。スマホのストップウォッチ機能を“駆使”して挑んだが……。まぁ、結果はこの際、どうでもいい。M姫にとって初のラリー競技ナビである。その経験が大事。
スーパーカーラリーチャレンジ

ランチタイムの休憩場所となった埼玉自動車大学校に勢揃いしたエントラント。実に様々なクルマたちが揃った

ランチを挟んで、もう一度PC競技、ということだったので、午後はドライバーとナビをチェンジしてみることに。ウラテーマを忘れちゃいけない! そう、宗旨替え……。
スーパーカーラリーチャレンジ

ウラカンに乗るのは、実は2回目だというミユさん。パドルシフトの扱いには慣れている?!