寒い冬、「チーズフォンデュ」という言葉だけで気持ちがあがるもの。日本では、チーズフォンデュのことを知っているけれど、まだ食べたことがない、とか、レストランで以前に一度だけ、とか、まだそれほど一般的に食べられることの少ない料理ではないでしょうか。今回は、チーズフォンデュの本場の楽しみ方、味わい方、コツ、などについてお勉強していきます。

チーズフォンデュ

チーズフォンデュ



楽しみ方

<罰ゲーム>
鍋の中でチーズを絡めるときに、チーズの中にパンを落とした人は、罰ゲームとして何かをすることになっています。私がフランス・チーズ修業時代に、家族や仲間うちでチーズフォンデュをしたときによく目にしたのは、隣の人にキスをする、シャンパンをみんなにおごる、誰かのモノマネをする、などです。フォンデュをするみんなで、罰ゲームの内容を決めると、より一層その場が盛り上がります。

<締め>
日本の鍋の締めとして、うどんを入れたり、ごはんを入れておじやにしたりするのと同様に、チーズフォンデュにも締めがあります。よくやっていたのは、卵を入れてかきまぜて、オムレツにしていました。そうすると溶けたチーズを残すことなくきれいに食べられます。

味わい方

<冷たい飲み物はダメ>
冷たい飲み物と一緒に食べると、お腹の中でチーズが固まり、お腹が痛くなる、と言われています。

<では何を飲めばいいの?>
ワイン、できれば辛口の白ワイン、もしくは、あたたかい紅茶やハーブティーがオススメです。

作り方

本場サヴォワ地方のチーズフォンデュレシピは、こちらを参考にしてください!作る際のポイントをいくつかご紹介します。

<フォンデュ鍋がない>
フォンデュ鍋がないときには、土鍋でも大丈夫。土鍋がなければ普通の鍋、フライパンでも作れます。

<アルコールの香りが苦手>
材料のアルコールは、アルコール分が飛んでいるので酔っぱらうことはないのですが、香りが苦手だったり、お子様のいる場合は、牛乳で代用することができます。

<分離させないために、分離しそうになったら>
チーズにあらかじめ、少量のコーンスターチまたは片栗粉を混ぜ合わせておくと失敗が少なくなります。また分離してしまったら、水溶きのコーンスターチまたは水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせるとまとまってきます。

<パン以外の具材>
ブロッコリー、にんじん、じゃがいもなどの野菜を固めにゆでたもの。ゆでた海老、ウィンナーなど。切る大きさは、一口大よりも若干小さめ、お口に入るときには熱いチーズが絡んで大きくなるので、それを考えて切るようにします。

<キルシュを入れる理由>
キルシュはさくらんぼから作られた蒸留酒で、香り付けのために入れます。アルコールが苦手な人は、入れなくても大丈夫。本格的なのはキルシュですが、マールやカルヴァドスなどの蒸留酒に替えるなどして、お気に入りのチーズフォンデュを作ってみましょう。

<チーズの分量・配合>
レシピ通りのチーズが見つからない、レシピと同じ分量でそろわない、ということがあるかもしれませんが、基本的には、山のハードチーズであればどれでも大丈夫です。冷蔵庫に残っているチーズを混ぜ合わせてもOK。自分オリジナルの、おいしい配合を探してみましょう。


チーズフォンデュ、意外と簡単でしょ?面白そうでしょ?家族、お友達を集めて、みんなでゲームをしたりしながら、あたたかくておいしいチーズフォンデュを食べて、心も身体もあたたまりましょう。


<チーズが買えるお店>
■「チーズ専門店 アルパージュ」
住所:東京都新宿区神楽坂6-22
TEL:03-5225-3315
 
■フェルミエ
住所:東京都港区愛宕1-5-3 1階 愛宕店
TEL:03-5776-7722(代表)
ホームページ:フェルミエ
※他、渋谷店、札幌店
 
■Cheese on the table本店
住所:東京都中央区日本橋浜町3-1-1日本マイセラビル1階
TEL:03-5614-6609
アクセス:東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅下車
ホームページ:Cheese on the table
※他、多数店舗あり。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。