カントー観光では「カイラン水上マーケット」を楽しもう

Floating Market

外国人観光客も非常に多い

ホーチミン南西部、メコンデルタ地方のカントー市に観光へ訪れる方の多くは、「水上マーケット(市場)」が目的かもしれません。水上マーケット自体は今回紹介する「カイラン」以外にもいくつか点在していますが、ビギナー旅行者も含めて、手軽に行くことができるところがカイラン。カントー市内中心の観光エリアから最も近い場所です。ここの水上マーケットは大小の船を合わせると100隻以上。卸売、生活雑貨の小売、軽食を販売するボートなど幾種類の船がありますので、観光客も参加することができます。

参考記事>>>メコンデルタの魅力が満載!ホーチミン郊外のカントー

ツアーがおすすめ。個人参加は注意点も

水上マーケットの参加はツアーがおすすめです。ホーチミン市内には、ツアーデスクや旅行会社が多数ありますので、そこから申し込めば、カントーまでの移動手段と、水上マーケットを含むカントーの市内観光を楽しむことができます。マーケットは早朝開催で、またカントーまではホーチミンから3時間半程度かかることから、日帰りツアーはほとんど組まれていません。申し込む際は、ベトナムの滞在スケジュールをよく確認するようにしてください。

boat

大型船かプライベートボートかを選べる

個人で参加する際は、タクシーもしくはバイクタクシーで向かいましょう。ただし、早朝はどちらもつかまえるのに苦労します。滞在ホテルのフロントに頼んで、タクシーを呼んでもらうのがおすすめ。また、現地では水上マーケットのツアーを営んでいる観光客向けの大型船、もしくは個人のボートで自営している小型ボートを選ぶことができます。他の観光客と混じりたくない方は後者を選びましょう。料金は交渉制ですが、20万ドン程度が目安です。

ベストな時間は早朝6時~8時頃

水上マーケットの開催時間は早く、朝の5時頃にはすでに水上で交通渋滞が広がっています。前日は移動や市内観光で疲れているかと思いますが、できるだけ早い時間に行くのがおすすめです。ピークは8時頃で、それ以降も開催はしていますが、徐々に船の数も少なくなってきます。


人々の暮らしの様子を垣間見る

水上でうかがえる光景は、物品の売買だけではありません。そこに住む人々の生活も垣間見ることができます。

 
life

水上で何日も生活することもある

彼らの多くは商品を売り切るまで、船内で何日も生活をおくります。洗濯をしたり、料理を作って小さな子供に食べさせていたりと、彼らの日常の生活風景を目に焼き付けてください。また、川端には水上に建つ家々も並んでいます。貧富の差が激しいのもベトナム政府が抱えている課題の一つです。

 

水上マーケットを散策!

Floating Market1

卸売船には目印が立つ


水上マーケットを遊覧していると、大小の船にも特徴があることに気が付きます。まず、沢山の野菜や果物を載せた大型船。こちらは卸売船です。長い竿を掲げてスイカやウリ、ココナッツ、バナナ、ライム、玉ねぎといった自分の売る商品を目印に付けています。

boat1

大型船や観光船に寄りつく小売船

対して小さなボートは大型船や観光船に寄りついて、生活雑貨や食事を売る小売船です。小売船同士で物々交換する様子もうかがえます。

 
boat2

飲料水や簡単な食事を提供してくれる

写真右は軽食を販売しているボート。観光客も利用することができます。主に販売しているのは飲料水と軽食。軽食は麺料理がほとんどです。ボートの中にコンロや食器、食材などを常備しているので、注文を受けてその場で作ってくれます。他にも果物やバインミー(ベトナムサンドウィッチ)を売るボートなど、さまざまあります。

 

Floating Market2

たくさん積まれたスイカ

水上マーケットで売り買いされた商品は、ミトーやホーチミンに売られます。また、小売船は水上に建つ家々にも寄って販売している様子も。なかなか市街地に出られない彼らにとっては、水上の市場は大切なマーケットであるようです。

 
カイランはメコン川の支流で行われる大規模マーケット。雄大な自然の中で生きる人々はたくましく映ります。ベトナム旅行の際は、その雰囲気を肌で感じ取ってください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。