「卵城」はナポリで最も古い城塞!

Castel dell'Ovo

ナポリのサンタルチア地区にある卵城 (c)Ewa Kawamura


notturno

夜のしじまに浮かぶ卵城 (c)Ewa Kawamura

ナポリ観光の王道中の王道といえば、やはり民謡「サンタルチア(Santa Lucia)」で知られるサンタルチア地区の海に浮かぶ美しい要塞「卵城(Castel dell'Ovo)」でしょう。その奇妙な名前の由来は、古代ローマの詩人ヴェルギリウスが書き残した古い伝説から。城の基礎の中に「卵」が置かれていて、それが割れたとき、ナポリの町も終わりを遂げるというものです。しかし古代ローマ時代、ここは「メガリデの小島(Isolotto di Megaride)」と呼ばれ、ローマの軍人ルクッルスの別荘が建っていました。

vuduta

卵城に続く橋から広がるポジリポの黄昏どきの景色 (c)Ewa Kawamura

城塞がここに築かれたのは中世、10世紀のことでした。ナポリを建都したという伝説の人魚セイレーン「パルテノペ(Partenope)」が埋葬されたのもこの小島。それに因み、卵城の目の前を走る高級ホテルの林立する大通りは、「パルテノペ通り」と命名されました。ここは、19世紀末から20世紀初頭にかけて海を埋め立てて造営されたので、そのせいで「サンタルチア通り」は、海に面していない通りになってしまいます。それまでは、「サンタルチア通り」が海に面していて、眺めが良かったので、民謡でうたわれたのでした。

卵城の横には、レストラン街「ボルゴ・マリナーリ(漁師村)」も

Borgo Marinari

夕暮れ時の卵城、左手にあるのはレストラン街「漁師村(ボルゴ・マリナーリ)」 (c)Ewa Kawamura


dall'Hotel Vesuvio

グランド・ホテル・ヴェスヴィオの部屋から見える夜の卵城 (c)Ewa Kawamura

現代版「サンタルチア」といえば、卵城の横にある魚介レストラン街となった漁師村「ボルゴ・マリナーリ(Borgo Marinari)」でしょう。ここと、橋を渡る手前には、老舗の有名店も多く、ナポリ観光の古典ともいえるレストランが軒を連ねています。卵城には、エレベーターで簡単に行かれる要塞の上の絶景テラスがあり、帰りは徒歩で古城の舗石の坂道を下ってゆくとよいでしょう。なお卵城では毎年、新年にニューイヤーの花火大会が開催されています。パルテノペ通りのホテル(サンタルチア、ヴェスヴィオ、コンティネンタル、ロイヤル)の海側の部屋に宿泊すれば、その素晴らしい大スペクタクルを、人ごみに揉まれることなく優雅に堪能できます! そんな年一度だけの贅沢な卵城の楽しみ方も素敵ですよね!

<DATA>
■Castel dell'Ovo(卵城)
住所:Via Eldorado, 3, 80132 Napoli
TEL:+39081 795 4593
営業時間:8:00-19:00(月~金)、8:00~14:00 (土・日・祝)
入場料:無料(定期的に企画展が行われている)





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。