実は全国一「メロン」を使ったサブレ

p6

子どもからお年寄りまで味わえるメロンのサブレ。メロンの産地で有名な茨城県鉾田市産のメロンから取ったパウダーを使用する


茨城県は、メロンの生産量・出荷量とも日本一。そのメロンの産地、鉾田市産のクインシーメロンのパウダーを使用したお菓子が「鉾田のメロンさぶれ」。メロンの味わいとサクサク食感がおいしく味うことができます。

【価格】756円(箱8枚入り)
【販売場所】亀じるし(ターミナル2階)


一度ぜひ食べてみたい 茨城の「メロンカレー」

p7

茨城ならでは、メロンが入ったご当地カレー。レトルトなので手土産で持参しやすく、いつでも食べられるのも魅力

メロンの果実が入った、なかなかぜいたくな一品が「茨城のメロンカレー」。もちろん鉾田市産のメロンと、茨城県の銘柄豚・ローズポークを組み合わせた、茨城のご当地カレーです。

ちょうど食べごろのメロンのほのかな香りと甘さ、豚肉、そして特製直火焼きルーが絶妙に絡み合います。全国に数多あるご当地カレーの中でも、これはおすすめ。ぜひ味わってみてください。

【価格】540円(1個)
【販売場所】亀じるし(ターミナル2階)

ご当地サイダーももちろんメロン もちろん鉾田市産

p8

茨城が誇るご当地サイダー「茨城メロンサイダー」。もちろん茨城県鉾田市産のメロンから果汁を絞って作り、香りも味も楽しめる


ご当地サイダーも、全国で続々登場しています。茨城ではもちろん、鉾田市産のメロン果汁を使用した「茨城メロンサイダー」。フタを開けた瞬間にメロンの香りが漂い、上品な甘さと炭酸のコラボレーションは、一度飲むとやみつきになります。

【価格】210円(1本)
【販売場所】亀じるし(ターミナル2階)

話題の「ねば~る君」のせんべいも空港で手に入る

P12

納豆の妖精としてブレイクした「ねば~る君」のせんべいはもちろん納豆味

茨城といえば、納豆も有名。さまざまな納豆に関するお土産も、茨城空港で入手できます。

納豆、そして茨城をアピールする話題のキャラクター、納豆の妖精「ねば~る君」。納豆の旨味が堪能できるドライ納豆を使った「ねば~る君 納豆せんべい」では、納豆のツブツブ感、パリッとしたせんべいの食べごたえが楽しめます。まるで納豆のようなパックに入った商品はインパクト大。手提げタイプもあります。

【価格】540円(納豆パック入り) / 756円(手提げタイプ) 
【販売場所】亀じるし(ターミナル2階)

納豆のカレーも! 萌えキャラのパッケージがインパクトあり

p10

どの土産よりもインパクトあり! その正体は「水戸(みと)納豆カレー」。茨城産大豆100%の納豆を使うカレー、その味やいかに

だるまデザインの納豆を手にしたメイドの萌えキャラがインパクト十分の「水戸(みと)納豆カレー」。『鋼鉄天使くるみ』『円盤皇女ワるきゅーレ』などの作品で知られるマンガ家・介錯氏がイラストを手がけ、キャラクター名は「なとか」です。

カレーにはもちろん茨城産大豆100%の納豆が使われています。レシピカード1枚入り(全部で3種類あり)

【価格】540円(1個)
【販売場所】亀じるし(ターミナル2階)

画像提供:茨城空港ビル

p11

茨城空港ターミナルには展望デッキ(無料)があり、デッキから飛行機や滑走路との距離も近い。透明ガラス越しに飛行機ウォッチングが気軽に楽しめる



<DATA>
茨城空港 公式ホームページ
http://www.ibaraki-airport.net/

亀じるし(ターミナル2階)
TEL:0299-54-0070

SKY ARENA(ターミナル2階)
TEL:0299-37-2345

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。