その1 犬

インドには野良犬が多い…

インドには野良犬が多い…

インドは本当に犬が多いです。もちろんご存知の通り「牛」も道端に多くいるのですが、絶対数から言えばやはり犬の方が上。もちろんほとんどは野良犬です。首輪なんてしていませんし、見るからに不健康そうな犬も…。ほとんどのノラはけだるそうに地面に寝ているだけですが、中には敵意むき出しでこちらをにらんでいる(ように見えるだけかもしれませんが)ヤツもいます。

野良犬といえば、怖いのが狂犬病です。狂犬病は発病してしまったら致死率ほぼ100%という非常に恐ろしい病気で、水と風を恐れるという極めて特異な症状を呈し、発病後の治療法は確立されていません。世界で年間推定6万人が命を落としていますが、そのうち約2万人をインドが占めていて、約2500人で第二位の中国とパキスタンを大きく引き離しています(厚生労働省データによる)。

狂犬病を発病している犬はよだれをダラダラ流し、目がすわり、攻撃的になり手当たり次第噛みついたりします。そのような犬を見かけたらすぐに離れるようにしましょう。インドに限らず、野良犬は世界中で旅行者の脅威となることがあります。私も追っかけられたことは一度や二度ではありませんし、もはやこれまで! と戦う覚悟を決めたところ、向こうはジャレてるだけで肩透かしをくらうなんてことも…

ジャマで危険な犬は棒を持って追い払うのが良いですが、そのために常に棒を持ち歩くわけにもいきませんので、いざという時は手ごろな石を拾って投げつけるポーズをしましょう。石がなければ石を拾ったフリでも大丈夫。犬は視力が弱いので効果テキメンです!

犬に噛まれたらすぐ病院へ!

犬に噛まれたらすぐ病院へ!

万が一犬に噛まれてしまった場合は直ちに洗浄、消毒して一も二もなく病院へ急いでワクチン接種等の処置を受けてください。狂犬病に限らずあらゆる可能性を想定しなければなりません。ちなみに、英語で狂犬病をrabies(レイビーズ)と言います。

狂犬病について詳しくはこちら
検疫所サイトの狂犬病のページ




その2 旅行会社

結論からずばり言いましょう、インドには悪徳旅行社が数多く存在します! 特に悪名高いのがデリーで、多くの(不慣れな)旅行者がまず最初に足を踏み入れるデリーにはそれだけカモもハンターも多いということに他なりません。

第一の関門がガンディー国際空港で、ありとあらゆる難敵から身を守らなくてはなりません。右も左もわからず不安そうにしている旅行者は絶好のカモ。親切そうなタクシー運転手などには絶対について行かないこと! 毅然と断るか立ち去るようにしましょう。

ここで押しに負けてしまうと、悪徳旅行社へ連れて行かれて法外な料金のツアーを契約させられてしまうなどの被害が続出しています。最悪の場合は身体に危害が及ぶことも。十分に注意してください。

様々な思惑が交錯するニューデリー駅前は注意して!

様々な思惑が交錯するニューデリー駅前は注意して!

第一の関門を抜けてもデリーの街中にはたくさんのワナが待ち受けています。多くのホテルが立ち並ぶニューデリー駅周辺などには文字通り机一つ電話一つでやっているような旅行会社がたくさんありますが、注意が必要です。とにかく金を騙し取ってやろうと考えている人はありとあらゆるウソをついて旅行者を店に連れ込もうとします。

「そのホテルは去年なくなった」
「その切符では列車には乗れない」
「今日は○○○は休みだ」

みんなウソですので、気にせず自分の目的地を目指しましょう。大切なことは、ちゃんと下調べをしておくこと、向こうから声を掛けてきたら「怪しい」と考え、必要なければ毅然と断ることです。有名な政府系の旅行社もありますし、まともな旅行会社もたくさんあるのですから。

デリー観光開発公団(DTTDC)のホームページ

但し、DTTDCの周辺にはDTTDCを名乗るインチキ旅行社の勧誘がいますのでご注意を…

次ページは、インドならではのあの乗り物について