治具で製作につくるElbow Chairの貫

貫を正確に製作する為の治具製作からはじめます。
まず、部品図の貫部分を切り取り、治具用の板(MDF)に張ります。

図面を板に貼る画像undefined

図面を板に貼る画像 ●クリックすると拡大します


あらかじめ板に上下左右90°に交差する線を引き、貫図面をその線に合わせて貼ります。


次に貫の外線に沿って糸鋸で切り抜きます。

貫を切り抜く画像

貫を切り抜く画像 ●クリックすると拡大します


この切抜きが小さめでも大きめでもよろしくないですが、しいていえば多少大きめの方が良いですね。

この抜き取った貫の型に合わせて貫の部材を加工します。

まず、部材はサイズはバラバラなので各々の長さを合わせます。

調整前の部材を合わせた画像

調整前の部材を合わせた画像 ●クリックすると拡大します



調整前の部材を合わせた画像2

調整前の部材を合わせた画像2 ●クリックすると拡大します


次に合わさる内側をサンドペーパーで削り、型にはまるようにします。

貫部材を削っている画像undefined

貫部材を削っている画像 ●クリックすると拡大します


整えた貫の画像

整えた貫の画像 ●クリックすると拡大します


調整を終えたら実際に貫型にはめてみます。

型にぴったりとはめた貫の画像

型にぴったりとはめた貫の画像 ●クリックすると拡大します


合わせ部分に接着剤(水性ボンド)を塗って型にはめ、各々のエンドをクリップで固定します。
貼り合わせた貫部材をクリップで固定した画像

貼り合わせた貫部材をクリップで固定した画像 ●クリックすると拡大します


この状態で一日置き、接着剤を乾燥させます。
結合した貫部材の詳細加工は後日にします。

次のページでは「肘」に移ります