ニキビをつくらず、ニキビ跡ケア

ニキビが治った後に特に気になるのが赤みを帯びた「ニキビ跡」です。炎症を起こしていたニキビであればあるほど、ニキビ跡の赤みが気になります。ニキビ跡ケアのポイントは、炎症を抑制することと、ターンオーバーを正常なサイクルに戻すことです。また、ニキビも再発しないように予防することが大切。

「ビタミンC」には、メラニン色素の沈着を抑制する働きや、ターンオーバーを正常化させる働きがあります。また、皮脂のバランスを整える働きもあるので、ニキビ予防にも効果的です。積極的にスキンケアに取り入れてみてください。

ニキビ跡+マルチな効果を発揮するビタミンCセラム

ビーグレンundefinedCセラム

ビーグレン Cセラム


ビーグレン
Cセラム 15ml 4700円(税抜)

「ピュアビタミンC(アスコルビン酸)」を角質層まで浸透させる処方の美容液。皮脂バランスを整え、透明感のある健やかな肌に導きます。色素沈着を防ぐ効果があるので、ニキビ跡のケアにぴったりですし、毛穴の開き、毛穴のたるみ、アンチエイジング対策としてもマルチな効果が期待できます。ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」を採用していて、つけた瞬間に温かみを感じる独特のテクスチャーと肌馴染みの良さで愛用者が続出中。

今回ご紹介したブランドはどれも、トライアルセットが発売されているので、気になるものがあったらお試ししてみてはいかがでしょうか? 数日のお試し期間では、ニキビが完治するのは難しいかもしれませんが、トライアルセット使用中に特にトラブルがなかったら現品購入して、長期的に肌の調子を観察しながら使ってみてはいかがでしょうか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。