勉強シーン

貴方はどの教材を選びますか?

これまでマンション管理士試験に合格するための学校選びや効果的な学習方法などをご紹介してきましたが、今回はガイド自身が実際に利用した教材と参考書についてご案内します。

ユーキャン「マンション管理士・管理業務主任者講座」

ガイドの場合、専門学校に通う時間がなかったため、独学か通信教育のいずれかを選択するしかありませんでした。

ただ、マンション管理士(以下「マン管」)は、国家試験の中でも難関な部類に入るうえ、管理業務主任者(以下「管業」)試験とのダブル合格を目指していたので、なるべく効率のよい学習方法を選択する必要があったことから、教材とカリキュラムが整備された通信教育を選ぶことにしました。

ガイドがユーキャンを選んだ理由は、以下の4点です。
(1) 管業とのダブル合格を念頭に置いたカリキュラム
(2) 基本テキストの完成度の高さ(※サンプルを見て判断)
(3) テーマ別の過去問題集が完備
(4) 豊富な添削問題集(全10回分)

ユーキャンの教材とカリキュラムについて

1)学習ペースと達成度がつかみやすい教材のつくり

基本テキスト(4冊)をひと通り読んで理解したあと、単元ごとの添削問題(マン管用と管業用の2種類あり)に取り組んでいきます。

添削結果とともに解説・解答書が送られてきますので、特に間違えた問題を中心にそれを熟読しながら復習しました。

各テーマごとに、インプット⇒アウトプット⇒インプット・・・のサイクルで学習するように構成されているので、日々習熟状況を実感でき、モチベーションを維持しやすかったと思います。

なお、受講生は「学びオンラインプラス」という動画サイトにアクセスできます。そこでは、専任講師が各単元の基本事項に絞った講義(各5分程度)をしてくれます。ガイドの場合、これを基本テキストに目を通す前の予習段階で利用しました。

最初にそのテーマのアウトラインを動画を通じて把握できるので、その後テキストを読む際に、重要な項目を外すことなく理解を深めることができました。

2)実戦力を高める「過去問のシャワー」

教材には、過去7~8年分の中からテーマ別に整理された過去問題集(4冊)が含まれており、後半のアウトプット学習に役立ちました。

解説編の内容が充実しているので、知識を再整理して、理解が曖昧な部分を解消することができます。

また、添削問題が基礎レベル中心なのに対して、過去問題集は中上級レベルの問題が多く、無理なく実力を向上させていく仕掛けになっています。

ガイドの場合、試験本番までに間違えた問題を中心に3回繰り返したことが自信につながったと思います。

3)意外に大きい会報誌の効用

隔月ペースで発行される会報誌も役立ちました。受験出願スケジュールのお知らせはもちろんですが、たとえば、「法令等改正に関するポイント講義」、「建築設備系マイナー問題攻略法」といった独学では入手しづらい情報が特に有益でした。

次ページでは、補助教材としてお薦めの参考書をご紹介します。