マンション管理士 ガイド 村上 智史

むらかみ さとし

自ら長年の管理組合理事長の経験を持つマンション管理士。大幅なコスト改善や修繕積立金の積立て不足解消、管理会社の変更、大規模修繕など多数の事案を実現してきている。

得意分野

・マンション管理組合の運営
・マンション管理組合の財務診断
・マンション管理コスト・仕様の見直し
・大規模修繕工事の企画立案

活動実績

執筆ガイド記事本数53
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

このたび、「マンション管理士」のガイドを担当させていただくことになりました。

マンションを買うまではあれこれ考えるのに、その後は放ったらかし・・・住人の大半は共有財産の管理に無関心で、管理組合の活動にも消極的です。

「マンションは管理を買え。」とよく言われますが、いまだに実践されているようには思えません。

大切な資産価値を維持し、コミュニティを円滑に運営することは、住人のQOL(生活の質)も左右するほど重要な問題です。

マンションストックは経年的に増え続け、全国で600万戸の水準に近づく中、マンション管理士の果たすべき職責は増す一方ですが、残念ながら社会的に十分活用されているとは言えません。

その理由としては、住人自身がまず無関心なため、マンション管理士に対する認識が低いこともありますが、マンション管理士自身が管理組合に対して顧客ベネフィットを十分訴求できていない面も大きいと思います。

マンション管理士がその点を真摯に受け止め、一層必要な専門的スキルを磨くとともに、営業面でも顧客心理を掴む努力が求められます。

私自身もはなはだ未熟ではありますが、マンション管理士としての活躍を目指す高い志を持つ方に向けて役立つ情報を発信していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ガイドの新着記事

News Dig 新着投稿

  • マンションの管理組合は「民泊」と「脱法ハウス」の問題にどう対処すればよいか?

    マンションに住む人であれば誰もが安心・安全で快適な生活を維持したいと考えている……それ自体にたぶん異論はないでしょう。 しかし、それを脅かす新たなリスクが顕在化しつつあります。 それが「民泊」と「脱法ハウス」の問題です。 民泊とは、Airbnbのようなイ・・・

    2016年03月13日

  • マンション大規模修繕の修繕周期はなぜ12年なのか?

    1月12日付けでダイヤモンド・オンラインに、「工事費高騰でピンチ!マンション大規模修繕の深刻」という記事が掲載されています。 この記事の前半部分を要約すると、以下のような感じになります。 ・12年に1度行われることの多いマンションの大規模修繕で、その資金・・・

    2016年01月17日

公認ガイドブログ

  • アエラ特集記事 「限界マンション」はなぜ生まれるのか?

                  5/29号の雑誌「アエラ」に、「マンション管理」の特集が組まれています。   老朽化ストックが増加する一方、居住者の高齢化や管理への無関心によってマンションのハードウェア(建物・...

    更新日:2017年05月25日
  • 朝日新聞の記事「ダブルの高齢化」問題を考える

                5月18日付の朝日新聞の「けいざい+」で、マンションの老朽化と住民の高齢化という「ダブルの高齢化」問題を取り上げた記事が掲載されていたので、紹介します。     本記事を要約す...

    更新日:2017年05月22日