彼ウケを狙うなら、控えめカラーのネイルがおすすめ。ピンクはちょっと気恥ずかしい…という大人の女性にピッタリなのが今回ご紹介するイノセントベージュ。ただのベージュよりもほんのり甘さがあるので、可愛らしく仕上がります。


ミルキーベージュのセパレートネイル

ミルクティーみたいな優しい色合いは、今年トレンドの白ニットとも相性バッチリです。
オフィスでもOKな控えめデザイン

オフィスでもOKな控えめデザイン


■ハンド
ミルキーベージュに合わせるのは、シンプルな乳白クリア。人差し指と薬指にはミルクみたいなホワイトを合わせてまろやかに。セパレートラインには、ゴールドのラインテープでシャープさをプラスしてデザインを引き締めます。オパールを飾り、指先のトーンをふんわりとまとめれば、愛されネイルの完成です。

■フット
ハンドのベージュとマッチする同系色の濃いベージュとブラウンの2トーンでシックに。ゴールドのラインテープが色のメリハリをつけてくれます。


冬ならではの白ネイル!シルキーベージュ

夏とはまた一味違う冬のホワイトネイルもおすすめ!温かさを感じる色使いがポイントに。
フットのゴールドがハンドを引き立てます

フットのゴールドがハンドを引き立てます


■ハンド
ホワイトに近いほっこり系シルキーベージュは、まさに冬にピッタリのカラー。荒れがちな指先をキレイに見せてくれる嬉しい効果も。幅広めフレンチの先端はホワイト、ラインはシルバーラメで引き、まるで銀世界のような美しさです。親指と薬指にはスクエアのシルバーとゴールドのスタッズを飾ってアクセントに。

■フット
ゴールドラメの入ったベージュブラウンのベースに、さらに濃いゴールドでボーダーを描きます。ちょっとカジュアルダウンするのが大人流。


■ネイルアートデザイン製作■
uka 東京ミッドタウン店 
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア2F ビューティー&ヘルスケアフロア
TEL:03-5413-7236


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。