Windowsの使い方を大きく広げるWindowsタブレット

Windows 8発売後爆発的に増えたタッチパネル対応Windowsパソコン。その最も代表的なものがタッチ操作を主としたタブレット製品です。

タッチ操作のWindowsパソコンたち

画面サイズも多様な、タッチ操作可能なWindowsパソコンたち


2013年の「Acer W3-810」という低価格8インチタブレット発売を機により深く浸透しつつあるWindowsタブレットですが、その多様性のためどれを選んでいいのか分かりづらいという声も聞かれます。

パイオニアのW3-810と最新世代のThinkpad8

大きさまで同じだとこう並べてもどこが違うのかピンとこない


そこで当記事ではWindowsタブレットの主な形態を紹介しつつ、その選び方について紹介します。迷ったら是非この記事を参考にしてください。