お金持ちは「先延ばし」を嫌う

お金持ちになれる人の習慣とは

お金持ちになれる人の習慣とは

習慣化コンサルタントの古川武士さんいわく、「成功する人は、“すぐに行動に移す”習慣の持ち主」。しかし、やるべきことがあるのに、つい先延ばしにしてしまう“悪習慣”を断ち切れずにいる人も少なくない。一体何が違うのか――。引き続き、古川さんにお話を伺います。(第5回目のインタビューから続きます)


古川武士さん
 成功している人、お金持ちの人たちには、“すぐに取り組む”という習慣を持つ人が非常に多いんです。先延ばしを嫌い、その場で問題解決をしようとするし、レスポンスも早い。普段から、自分のやるべきこと、やりたいことが明確で、それに集中しているから、とっさの判断ができるし、直観力も養われるのでしょう。逆に、先延ばしが習慣になっている人たちは、面倒くさい、失敗したくない、自信がないなど“心のブレーキ”に行動を妨げられている状態です。

―― “心のブレーキ”を外す方法はありますか?

古川
 例えば、“失敗したくない”“自信がない”という感情がブレーキになっている人は、完璧主義で物事のハードルを自分で上げすぎている場合も少なくありません。そういったケースなら、あまり戦略的に高望みをせず、“完璧ではなく最善”を目指すことで、失敗に対する恐怖を和らげるという考え方もあります。そして「物事は小さく取り組む」というのも良い方法です。

先日、ある放送作家の方がこんな話をしていました。彼は、同時に10個ほどプロジェクトを立ち上げたのですが、何が当たるか、そして何が自分にとってワクワクするかはやってみないと分からないから、とりあえず全部「小さく」手を付けると。そして、反応が良かったり、縁がつながったり、自分がワクワクするものを2つくらいに絞っていって集中させる。最初からうまくやろうと考えすぎずに、小さく始めて、やっていく中でブラッシュアップしていく。先延ばし習慣の持ち主には、参考になると思います。

――やっていくなかで軌道修正をしていくわけですね。

古川 
いきなり“失敗か成功か”の二択で考えないということです。自転車に乗れるようになった時も、転びながらだんだん乗れるようになっていきますよね。ある程度失敗や壁にぶつかるのも織り込み済みで、小さく始めて大きく育てるわけです。

人生に良い循環を招く3つの習慣

――「良い習慣」は、生活を変え、人生を変えるといいます。どんな習慣を持っていれば、良いスパイラルを招くことができるのでしょうか?

古川 オススメは、<1>片づけ<2>早起き<3>運動の3つです。この3つは、別にやらなくても生きていけるものです。ただ、これらの習慣を持つことで、なすがままに生きるのではなく、主体的に生きることができ、自信や意欲に繋がります。例えば1日5分でいいからオフィスや家を片付けてみる。すると、小さなコントロールが自分のなかで取り戻せることに気づくと思います。早起きは、セルフイメージが上がります。運動はさらに、セロトニンも出るので、やる気がみなぎって良い循環が生まれます。

主体的に動くことで自分のコントロールを取り戻せる。それによって、行動や欲求も上手に制御できるようになり、無駄な浪費もなくなっていきます。

★古川さんのインタビューをもう一度読みたい方はコチラ!
金持ち習慣があれば収入が少なくても貯められる!
金持ちになるインフレ習慣、貧乏になるデフレ習慣
「貧乏習慣」スパイラルを脱して、お金の不安を減らす
お金が貯まる習慣1カ月は「見える化」を徹底!
“貯まる習慣”2カ月目の作り方とは

教えてくれたのは……
古川武士さん

古川武士さん

古川武士さん

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。1977年、大阪府生まれ。関西大学卒業後、日立製作所などを経て習慣化コンサルティング株式会社を設立。多くの教育育成を通じて「人が本当に変わっていくためには「習慣化」が重要と考え、オリジナルの習慣化理論とメソッドを開発。習慣化をテーマにコンサルティング、企業研修を行い、これまで2万人以上の育成に携わってきた。最新の著作は「力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣」。ベストセラーの「続ける習慣」(現在4万部突破、韓国・台湾・中国で翻訳)「やめる習慣」「すぐやる習慣」など計8冊で15万部を超えている。メディア掲載実績として、朝日新聞、日経ビジネス、日経ウーマン、OZPLUS、プレジデント、プレジデントファミリー、「企業と人材」等がある。


取材・文/西尾英子
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。