貯金ができない原因は、性格ではなく「習慣」

お金が貯まる人の習慣とは

お金が貯まる人の習慣とは

家計簿や節約が続かない、浪費が止まらない、いつのまにかお金がなくなってしまう――。“なぜか貯金ができない人”は、「自分をコントロールできていない証拠」だと言うのは、習慣化コンサルタントの古川武士さん。そんな人でもお金が貯まる方法とは? 習慣のプロである古川さんに、「金持ち習慣の作り方」を伺いました。

――“なぜかいつもお金がなくなってしまう”という人がいる一方で、少ない収入でもしっかり貯められる人もいます。何が違うのでしょうか。

古川武士さん 貯金ができないのは、性格ではなく「習慣」の問題なんです。ですから、お金持ちになりたいと思うのであれば、「お金が貯まる習慣」を身に付けることが重要です。習慣は、「行動」「身体」「思考」に関するものに分けられますが、このなかで「行動」にまつわる習慣が一番変えやすい。例えば、片付けや勉強、そして節約や貯金といったお金に関する行動習慣がそれに当たります。その次が、ダイエットや運動、早起き、禁煙といった「身体」の習慣。そして、最もハードなのが、ネガティブな考え方をポジティブにしたり、論理的な考え方に変えるといった「思考」の習慣化なんですね。この場合、半年くらいの期間を要します。

――“ズボラだから貯められない”といった人も、貯金や節約といった“行動習慣”を身につけることはできるわけですね。

古川 難しいことではありません。ただし、習慣を変えようとする時には、新しい変化を拒む潜在的な引力が働き、邪魔をします。でも、そこでやめてしまうと元通り。脳が「いつも通り」と認識するまで続けることが大切です。

そもそも、なぜ貯められないのか。それは、「コントロールを失っているから」なんです。収入が非常に低いというケースは別として、貯められない人は、例外なく“なんとなく使ってしまう”という悪い習慣がある。それは、自分自身をコントロールできていないということです。コントローラーを失うと、悪い連鎖が始まってしまいます。

貧乏習慣の持ち主は、コントローラを手放している

悪い習慣って治るの?

悪い習慣って治るの?

――制御不能になることで、どんな悪い連鎖が起きるのですか?

古川 例えば、夜ふかしをして朝寝坊したとします。時間がないから会社行くのもギリギリになるし、慌ててしまって落ち着かない。そうなると、仕事のウォーミングアップが十分にできず、パフォーマンスが下がったり、ミスをしてしまう可能性が増える。おまけに、寝不足だから身体もだるく、仕事の効率も下がって帰るのが遅くなる。こんな風にいったん悪いスパイラルに入ると、どんどん自分のコントロールを手放してしまうのです。

そうなると、もはや制御できない。習慣は、よくも悪くも連鎖反応を起こすのが特徴ですから、その逆も然りです。良い習慣を持つことで良いスパイラルに突入し、物事がうまく回り始めます。

★次回は、お金が貯まる良い習慣の作り方をおうかがいします。


教えてくれたのは……
古川 武士さん

undefined

 

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。1977年、大阪府生まれ。関西大学卒業後、日立製作所などを経て習慣化コンサルティング株式会社を設立。多くの教育育成を通じて「人が本当に変わっていくためには「習慣化」が重要と考え、オリジナルの習慣化理論とメソッドを開発。習慣化をテーマにコンサルティング、企業研修を行い、これまで2万人以上の育成に携わってきた。著書に「続ける習慣」(現在4万部突破、韓国・台湾・中国で翻訳)「やめる習慣」「すぐやる習慣」など計8冊で15万部を超えている。メディア掲載実績として、朝日新聞、日経ビジネス、日経ウーマン、OZPLUS、プレジデント、プレジデントファミリー、「企業と人材」等がある。

取材・文/西尾英子

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。