金賞受賞チーズたち

・イタリア職人が作るリコッタ(ファットリアビオ:北海道)
・町村農場 クリームチーズ(町村農場:北海道)
・茶臼岳(今牧場 チーズ工房:栃木県)
・つやこフロマージュ(古株牧場:滋賀県)
☆カレ・ド・ラヴァンド・シェーヴル(三良坂フロマージュ:広島県 / 外国人審査員賞も受賞)
・ロビオーラ・ダイワ(ダイワファーム:宮崎県)
・モッツァレラ(乳ぃーずの物語:広島県)
・モッツァレラ(ダイワファーム:宮崎県)
・イタリア職人が作るカチョカバロ(ファットリアビオ:北海道)
・ジャージーミルクのブッラータ(カゼイフィーチョ・ダ・サスィーノ:青森県)
・わさび醤油漬モッツァレラ(上ノ原牧場 カドーレ:広島県)
☆ブルーチーズ(アトリエ・ド・フロマージュ:長野県 / グランプリ受賞)
☆ラクレット(共働学舎新得農場:北海道 / 外国人審査員賞も受賞)
・まきばの太陽(高秀牧場チーズ工房:千葉県)


中でも個人的にちょっと注目していたのが、今年オープンしたばかりのファットリアビオ北海道さん。たまたま近所のスーパーで売っていたので試してみたところ、リコッタがとっても美味。以来、ヘビーユースしていたため親しみがありました。
北海道、ファットリアビオさんのチーズたち

ファットリアビオ北海道さんのチーズたち。リコッタとカチョカバロは金賞を受賞!

授賞を喜ぶ、ファットリアビオさん

授賞を喜ぶ、ファットリアビオ北海道の皆さま。左端がチーズを作っている、ジョバンニ・グラッツィアーノさん


納得のできるミルクを求めて日本全国を回った結果、北海道で工房を開く事を決めたというファットリアビオさん。それだけに、一番のこだわりはミルクの質。そして、チーズ作りへの情熱を大切にしているそう。驚いたのは、本場イタリアと違うのはミルクだけ、という事。チーズ作りの道具や機械等は、全てイタリアから。そしてチーズ職人さんまで日本へ招き、日本でイタリアと変わらないチーズ作りに挑戦されています。彗星の様に現れ、いきなり金賞を2つも受賞された、注目の生産者さんです。

そしてもう1つ、個人的にとても好きなチーズが金賞を受賞しました。那須高原、今牧場さんの「茶臼岳」です。今牧場さんは、牛乳製はもちろん、シェーヴル(山羊乳チーズ)も生産されている作り手さん。初めてこのシェーヴル「茶臼岳」を食べた時は、国産とは思えないその味わいにびっくり!あまりに美味しく、この夏、工房まで押し掛けた大好きな生産者さんです。
今牧場さんの「茶臼岳」。灰をまとった美しい姿です。

今牧場さんの「茶臼岳」。灰をまとった美しい姿です。

茶臼岳のために美味しいミルクを出してくれる山羊たち。

茶臼岳のために美味しいミルクを出してくれる山羊たち。


そして金賞を受賞したチーズから、さらに2つの外国人審査員賞と最優秀グランプリが選ばれました。