過酷な夏を過ぎた秋の肌はボロボロな状態

夏は過剰な紫外線や、屋内外の温度差など肌にとってかなり負担がかかっています。その影響で、秋の肌は角質が厚くなり、古い角質や正常ではない角質が肌表面に溜まった状態に。そうすると肌のバリア機能が低下し、紫外線をはじめ外の刺激(排気ガスやアレルギー物質など)などの影響を防ぎきれず、肌に炎症が起こりやすく、老化も進みやすくなります。

さらに秋になると皮脂量が減少するため、外界からの刺激に対する防御力が弱まり、肌は乾燥しやすい状態に。ますます肌の柔軟性が低下し、ごわつき、かさつき、そして夏の間に大量生産されたメラニンにより、シミ、くすみが増加してしまうのです。
過ごしやすい秋はスキンケアの落とし穴

過ごしやすい秋はスキンケアの落とし穴


秋は肌老化がはじまる季節なので、秋の間に夏のダメージをきちんとリセットすることが大切です。もし夏のダメージを放置したまま冬を迎えてしまうと、夏前のみずみずしい肌に戻すのはさらに困難になります。それどころか、冬の間も悪化し続けて、シミやくすみが定着してしまいます。今すぐお手入れを充実させるようにしましょう。


不要な角質を除去した上でしっかり保湿

秋の肌を健全な状態に保つには、肌の保湿機能やバリア機能を正常な状態に戻していくことが必要不可欠。まず余分な角質を除去し、その上で足りない成分(セラミド、コラーゲン、ビタミンCなど)を補うケアを行います。

ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっています。角質対策としては、ピーリング石鹸や角質美容液など日々のケアで取り入れやすいものがいいでしょう。角質をこすってポロポロ落とすタイプは、肌を摩擦し過ぎて傷めてしまうこともあるので、肌に優しいタイプがおすすめです。

またその後の保湿は「水分補給」+「油分塗布」で必ず蓋をするケアを忘れずに。化粧水で整えた後は必ず乳液やクリームで皮脂膜を補うケアをしましょう。保湿美容液を化粧水の後に追加すると、より効果的です。乾燥が気になる目元は、最後にクリームを重ね付けしてもOK。

また秋から冬にかけては、気温も下がり、肌の新陳代謝も低下しがちです。肌のターンオーバーを正常にするケアとして、適度なマッサージは血行を促進し肌の保湿対策にも有効です。細胞を活性化する成分の入った美容液などを、取り入れてみるのもいいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。