「目の疲労」と「眼精疲労」は違うもの!?

目の痛みや目の疲れがひどくなってきたように感じたら要注意!

目の痛みや目の疲れがひどくなってきたように感じたら要注意!

何かと液晶画面を見つめる機会が増え、目が疲れたと感じることがあると思いますが、「目の疲労」と「眼精疲労」の違いをご存じでしょうか? この二つの言葉を混同して使っている方が多いように思います。

そういった言葉の違い以上に気をつけておきたいのは、「症状」についてです。眼精疲労の症状が出ているのに「そのうち治るだろう」と放置しておくと、悪化したりこじらせてしまったりと、治りにくい状態にしてしまう恐れがあります。


「目の疲労」はどんなもの?

「目の疲労」は「目が疲れたなぁ」「ちょっと目がショボショボするかな?」と感じた時、休息をとると回復できる場合を指します。普段より長い時間パソコンの画面を見て、仕事をしていた場合などに経験したことのある人もいるでしょう。

仕事を終えて周囲に視線を移した時になんとなく見えにくく感じたり、目を閉じたい疲労感に襲われたり……。そんな中、帰宅途中に遠くを眺めていたら楽になってきたという経験はありませんか? また、マッサージ店でマッサージを受けたら目もスッキリ、視界が明るくなったというケースなども、一時的な「目の疲労」であったと言えます。


眼精疲労はどんなもの?

早めに眼科を受診することが必要なケースもあります

早めに眼科を受診することが必要なケースもあります

眼精疲労は目の症状だけではなく、全身的な症状にも見舞われることがあります。そのため、心身共にツライと感じるかもしれません。そして目の疲労と異なるのは、休息をとっても治まらずに繰り返し症状がみられたり、悪化してしまったりすることです。

単なる目の疲労だと思い、様子を見てしまうことのないように、不調を感じたら早めに眼科での診察を受けることが必要になります。

 

眼精疲労の症状とは?

目の症状と全身の症状があります。このような症状はありませんか? もし当てはまるものがあれば、眼科を受診して適切な治療を受けることをおすすめいたします。

1. 目の症状
□ 目の奥に痛みを感じる
□ 目がチカチカして、光がまぶしく感じる 
□ 目が充血する
□ 涙目になる
□ 目がかすんだりぼやけたりする
□ 目がゴロゴロしたり乾いたりする

2. 全身の症状
□ ひどい肩こり・首こり
□ 頭痛、頭重感、めまい
□ 倦怠感
□ 気持ちが不安定になりイライラしがちに
□ 眠りが浅い、寝付けない
□ 吐き気がする
□ 集中力が低下している


思い込みが回復を遅らせることも

つらい症状は我慢せず、早めに医療機関を受診しましょう

つらい症状は我慢せず、早めに医療機関を受診しましょう

上記の項目であてはまるものはありましたか? 当てはまる数が多いほど、重症である可能性が高いと考えられますが、項目1つだけだったとしても、それは正常な体の状態ではありません。目に思わぬ負担がかかっていたり、体のどこかが悲鳴をあげているといったサインかもしれないのです。

「以前も似たような状態になったことがあるし、今回も様子をみていれば治っていくだろう」と、過去の状態と同様であると思い込んでしまうことは危険です。過去の状態と似ていたとしても、今ある症状が別の原因だった場合は、さらに悪化させてしまうこともあるかもしれません。

休息しても回復しないレベルまで症状をこじらせないためにも、軽い症状のうちに一度、眼科やかかりつけ医を訪れて安心材料を手に入れておくことも考えてみてはいかがでしょうか? 軽い症状のうちに回復させて、元気に生活を送りたいですよね。


■関連記事
眼精疲労の原因と予防・対策についてはコチラ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項