子供は歯医者さん自体が嫌いなのではない

歯医者さん嫌いにしないママのアプローチとは?

歯医者さん嫌いにしないママのアプローチとは?

そろそろ乳歯の検診に行かなくちゃと思うとき、そして、実際にお子さんを歯医者さんに連れて行くとき、「憂鬱だなぁ……」と思ってしまうことってありませんか? 「子供が怖がるのではないか」「泣き叫んで検診ができないのではないか」と不安になることってありますよね。

では、子供は歯医者さんの何を怖いと感じるのでしょう? あのキーンという音? 病院の整然とした空気? 白衣の先生? いえいえ、これらは子供が歯医者さんを怖がる決定的な要因ではありません。

それでは、子供はなぜ歯医者さんを怖がるのでしょう?

最近行われたスペインの研究で、子供がなぜ歯医者さんを怖がるのか、その原因が明らかになりました。原因が分かれば、ママも対処がしやすくなります。早速そのデータをご紹介しましょう。


子供が歯医者を怖がる根本的な原因とは?

その研究では、185人の子供達を対象に、次の項目に関する聞き取り調査を行いました。

  1. 歯医者に行くことが怖いか?
  2. 過去に歯医者でいやな経験をしたことがあるか?
  3. その子の性格
  4. その子の考え方の傾向

子供達の親にも、これと同じ質問に答えてもらいました。

すると、子供の歯医者嫌いにもっとも影響していたのが、4の「考え方の傾向」。他の項目と比較しても、群を抜いて高い影響力があり、「考え方の傾向」が脆弱(ぜいじゃく)であればあるほど、子供は歯医者を怖がることが分かったのです。ここで言う脆弱とは、悲観的に考えてしまう傾向のこと。

具体的には、
  • イスに座ったら最後、もう自分には何も太刀打ちできない
  • 何が起こるのか、何をされるのかが予測不能だ
  • 痛いにちがいない
  • 気持ちが悪くなるにちがいない
こういう考えが強ければ強いほど、歯医者を怖がる傾向があることが分かりました。つまり、歯医者についてネガティブに考えてしまうことが、歯医者に対する恐怖心を芽生えさせる決定的な要因だということが分かったのです。


過去を”今”どう思っているかが分かれ目

「過去のいやな経験は関係ないの?」と思われたかもしれません。実は、過去の経験自体は、その子の歯医者嫌いを決定づける要因ではなかったのです! 「過去の歯医者でのいやな経験」を“今”どう捉えているか、これこそが決定的な要因でした。つまり、過去の経験があっても、それを悪い方向へ引きずっていなければ、大丈夫というわけ。

古代ギリシャの哲学者エピクテトスの言葉
「人を悩ませるのは、物事自体ではない。その物事をどう捉えるかによって悩むのだ」

を借りれば、

「子どもを怖がらせるのは、歯医者自体ではない。歯医者をどう捉えるかによって、恐怖心が芽生えるのだ」

と言えます。


歯医者嫌いは伝染する!?

また、この研究で分かった興味深いデータがあります。それは、歯医者嫌いは親子で伝わりやすいということ。親が歯医者嫌いだと、子供も歯医者嫌いの傾向が高かったのだそうです。

心理学で、物の見方は、親から子へ伝わる傾向が強いことが分かっています(*参照『プラス思考の子育て:ママだから伝えていきたいこと』)。だから、これは納得の結果。なんと歯医者嫌いまで、子供には伝わるのですね。

面白いのは、
  • 13歳までは、父親の歯医者嫌いが影響を及ぼしやすい
  • 13歳以降は、母親の歯医者嫌いが影響を及ぼしやすい
ということ。これらを踏まえると、親子で一緒に歯医者に対する悪いイメージを払拭していくのがおすすめのようです。


歯医者=怖い、にしないおすすめアプローチ

日頃の歯磨きタイムに、次のようなことを言ってしまったことはありませんか?

「きちんと歯を磨かないと大変なことになるよ」
「虫歯になったら痛いんだよ」
「歯医者さんで痛い思いをするのはイヤでしょ」

特にお子さんの年齢が低いうちは、たいがいの子が歯磨きが苦手なので、ついママも脅かしてしまうことってありますよね。でも、これが、先に触れた、脆弱性につながってしまいます。

「そうか、歯を磨かないと大変なことになるんだ」
「虫歯って痛いんだ」
「歯医者さんは痛いことをするんだ」

と考えるようになってしまうのです。

こうなってしまうと、歯医者さんを目の前にして、
「痛くないよ」
「大丈夫!」
と励ましても、それは気慰めにしかなりません。歯磨きのたびに、悪いイメージを植えつけられる「歯医者さん」こそ、お気の毒。

それよりは、普段から、
「歯を磨くとつるつるして気持ちいいね」
「ママ、歯磨き大好き」
と純粋に歯磨きだけをプッシュする声かけがおすすめです。

歯磨き自体をポジティブに促す習慣をつけ、歯医者さんへのイメージをニュートラルに保つ。こうすることで、子供が持ちがちな歯医者さんのイメージを変えることができるはずです。


*出典:European Journal of Oral Sciences (2013) 「Applying the Cognitive Vulnerability Model to the analysis of cognitive and family influences on children's dental fear.」より


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。