イヤイヤ期がないのは何か問題があるの?

イヤイヤ期がない子がいるのは何故?

イヤイヤ期がない子がいるのは何故?

イヤイヤ期のお友達を見ていると「大変そう……」と思うけれど、イヤイヤ期がないというのも心配。そういうことありますよね。

「イヤイヤ期」という名前が付いていますが、簡単に言うと自己主張の練習をしている時期です。子どもは赤ちゃんの頃から、泣いたりぐずったりして、自己主張しています。それに「言葉」が加わり、更に主張を上手にコントロールできないのが、このイヤイヤ期です。主張の仕方はイヤイヤ言うだけではなく、黙る・固まる等の場合もあります。またママの受け止め方で、「イヤイヤ期」だと感じないとおっしゃる方もいらっしゃいます。

結論から言うと、イヤイヤ期がないのが問題と言うことではありません。しかし、もし主張する機会を奪ってしまっているとしたら、要注意です。
 

イヤイヤ期がない場合、思春期にどう影響するの?

積み木で遊ぶ少女

イヤイヤ期がないと、思春期に苦労すると言われたら、怖くなってしまいますよね。

小さい頃から我慢が続いたり、大人の顔色を見て過ごしたりすると、自己主張するタイミングを逸している場合があります。

そのまま思春期に入ると、大人の指図を受けて育ったという気持ちが爆発し、 激しい反抗期になるのです。また逆に、上手に主張できないことで、人との関係が怖くなり、引きこもりになるというケースもあります。その他、大人に受け止めてもらった経験が少ないと感じることから、受け入れてくれる人に対して好意を抱きやすく、 依存体質や偏った恋愛関係、人間関係のトラブルを招くこともあります。

これらのことが、すべてイヤイヤ期の影響で起きるのか? というと、色々な理由が複合的に関わりあうので、これだけと断定することはできません。しかし、主張する練習ができるかどうかは、子供の将来の人間関係に大きく影響します。自分の気持ちを上手に伝える、相手の意見に耳を傾ける。意見の違いがある場合は、歩み寄ったり、交渉したりする。成長に伴い必要になってくるこれらのやり取りの基盤になるのです。この基盤をこの時期にしっかり作ることで、先ほどお伝えしたようなリスクを回避していけると良いですね。

>>次ページでは「イヤイヤ期がない子供のチェックポイントと関わり方」について解説します。