それぞれに特徴がある、横浜市の3つの動物園

横浜市にある3つの動物園。まずはそれぞれの特徴をざっくりと紹介します。

入園無料なので気軽に楽しめる「野毛山動物園」

昭和20年代に開園した昔ながらの動物園。みなとみらい21地区を見下ろす高台に位置し、桜木町駅からバスはもちろん、徒歩でも行ける距離にあります。また、お散歩がてらひと回りできるほどの広さなので、小さな子どもが動物園デビューするのにピッタリです。3つの動物園の中で唯一、入園無料なので、ふらっと足を運ぶことができます。
入口からすぐの「レッサーパンダ」はいつも人だかりが(2014年4月1日撮影)

入口からすぐの「レッサーパンダ」はいつも人だかりが(2014年4月1日撮影)


見学所要時間:1時間~2時間
人気の動物:レッサーパンダ、アミメキリン、ライオン、世界のサル、新爬虫類館の爬虫類、ふれあい広場の小動物
野毛山動物園の特徴は2ページ目へ

かわいいコアラが間近に見られる「金沢動物園」

1982(昭和57)年に開園した「金沢自然公園」内にある動物園。コアラ、キリン、ゾウ、サイ、オカピなど希少な大型草食動物を中心に、オリや柵がない自然な環境の中で約40種の動物が展示されています。植物区エリアが隣接しており、四季折々の植物も楽しめるロケーションが魅力です。100mのローラーすべり台やバーベキュー広場などがあり、ファミリーに人気。
2012年2月ににズーラシアからやって来たオカピ(2012年10月27日撮影)

2012年2月ににズーラシアからやって来たオカピ(2012年10月27日撮影)


見学所要時間:2時間~半日
人気の動物:コアラ、オカピ、インドゾウ、インドサイ、アミメキリン、オオツノヒツジ
金沢動物園の特徴は3ページ目へ

動物たちの自然な姿が見られる「よこはま動物園ズーラシア」

広さが東京ドーム約10個分もある動物園で1999(平成11)年に開園しました。「世界一周の動物旅行」をコンセプトとして地域・気候帯別に生息環境を再現、約100種600点の動物たちの自然な姿を見ることができます。2015年春に「アフリカのサバンナ」ゾーンが全面オープン予定。
「アフリカのサバンナ」で人気のラクダライドのようす(2013年3月26日撮影)

「アフリカのサバンナ」で人気のラクダライドのようす(2013年3月26日撮影)


見学所要時間:3時間~1日
人気の動物:オカピ、ホッキョクグマ、カンガルー、オセロット、ニホンザル、ドール
ズーラシアの特徴は4ページ目へ

見逃せないのは動物たちのお食事タイム

3つの動物園では、見逃せないイベントがいろいろあります。飼育担当のガイドさんとともに動物たちの食事のようすが楽しめるイベントでは、動物たちの活き活きとした姿が見られるチャンス。入園時に時間と場所をチェックしておきましょう。
野毛山動物園 動物たちのお食事タイム
金沢動物園 わくわくタイム
ズーラシア 飼育係のとっておきタイム
各園で毎日行われる動物ガイドイベントは要チェック(画像提供:ズーラシア)

各園で毎日行われる動物ガイドイベントは要チェック(画像提供:ズーラシア)


動物園ならではの季節限定イベントもいろいろ

また、夏休み期間中に行われる「よこはま夜の動物園」は、涼しい時間に夜行性動物が活発に動く姿が見られるのでおすすめ。また、クリスマス時期のクリスマスイベントでは、園内がイルミネーションで装飾され、いつもとは違う動物園が楽しめます。各園のホームページで開催期間や時間を確認してお出かけください。
野毛山動物園 イベント
金沢動物園 イベント
ズーラシア イベント
夏休み期間に行われる「よこはま夜の動物園」ではいつもと違う動物たちの姿が見られます(画像提供:ズーラシア)

夏休み期間に行われる「よこはま夜の動物園」ではいつもと違う動物たちの姿が見られます(画像提供:ズーラシア)

クリスマス時期の動物園ではイルミネーションやクリスマスガイドが行われます(画像提供:ズーラシア)

クリスマス時期の動物園ではイルミネーションやクリスマスガイドが行われます(画像提供:ズーラシア)


次ページでは、各園の見どころを紹介します。入園無料の野毛山動物園へ