ブリュッセルからオプショナルツアーで訪ねる麗しのベルギー紀行

グラン・プラス

世界一美しい広場と称される世界遺産グラン・プラス


周囲をフランスやドイツなどの大国に囲まれたベルギーは、独自の文化を育んできました。北半分のオランダ語圏のフランダース地方、南半分のフランス語圏のワロン地方、それらの真ん中に位置する首都ブリュッセルは、それぞれ異なる魅力を持ち合わせています。人口に対するレストラン数が世界一の「美食の国」を訪れたなら、ムール貝やワッフル、チョコレートなどのグルメはもちろん、ベルギービールを是非味わってください。

首都ブリュッセルは殆どの観光スポットが徒歩圏内ですし、ベルギーは国土が小さいため、鉄道網を使えば比較的容易に他の街を訪ねることも可能ですが、複雑な歴史や背景を持つベルギーは、それらに精通したガイドさんに案内してもらうと、理解度もアップします。またオプショナルツアーを使えば、1日で2つの都市を巡ったり、隣国のオランダやルクセンブルクへも簡単に日帰りで訪れることもできます。また自分たちだけで行くにはハードルが高い、ビヤレストランやスイーツのお店巡りも、オプショナルツアーを賢く使って体験してみてください。

ブリュッセルのおすすめオプショナルツアー

EU本部などの国際機関が集まるベルギーの首都、ブリュッセル。世界遺産グラン・プラスやチョコレートの名店などを巡るブリュッセル市内観光は外せませんが、ブルージュやアントワープ、ゲントなどの趣が異なるベルギーの他の都市を日帰りで巡るオプショナルツアーも高い人気を誇ります。

■ブリュッセル + ベルギーの魅力を訪ねる1日ツアー
ブルージュの旧市街

ブルージュの旧市街は色彩がカラフルで、心が躍ります

世界で最も美しい広場と言われる世界遺産のグラン・プラス、イベントごとに可愛い衣裳をまとう小便小僧など、まずは首都ブリュッセルの主要観光スポットをガイド付きのツアーで巡ってみましょう。ブリュッセル観光の後は、列車を利用して、運河の街として知られるブルージュや、「フランダースの犬」の舞台のアントワープなどの、ブリュッセルとは異なる文化や雰囲気を持つ街を訪ねる"一度で二度美味しい"ツアーに参加するのもおすすめです。

■ブリュッセルから隣国へお出掛け 日帰り近郊ツアー
オランダの春の風物詩

風車とチューリップはオランダの春の風物詩です

ベネルクスと総称されるベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3カ国。それぞれ国土が狭いため、近郊観光感覚で気軽に足を伸ばせます。オランダ日帰りツアーでは、風車やチーズ、木靴、デルフト焼きなどでオランダ三昧の後、運河の街アムステルダムで嬉しいフリータイムもあります。ルクセンブルク日帰りツアーでは、深い峡谷と森に囲まれた小国家ルクセンブルクの魅力を味わってください。



■さらにベルギーを楽しむためのユニークツアー
ブリュッセルの食い倒れ横丁

ブリュッセルの食い倒れ横丁には美味しそうなレストランが軒を連ねます

美食を語るパリっ子たちが、食事を楽しむため、ビールを飲むために、週末にブリュッセルに大挙して訪れます。そんな"フランス人も認める"ブリュッセルのグルメとビールを、オプショナルツアーで体験してみましょう。味わうだけでなく、食文化の歴史を知ることで、貴方も「食通」の仲間入りです。またFIFAランキングで世界5位(2014年9月現在)のサッカー王国ベルギーで、本場の興奮を体感してください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。