とっておきを美しく置けるペンスタンド

ペン立ては、色々なペンをドサッと入れておくものだ。ちょっといいペンだったり、大切なとっておきのペンは、そうしたペン立てに一緒くたにはしたくない。さりとて、他に決まった場所があるかと言えば、机の上にポンと置きっぱなしということになりがちだ。

このペンスタンドは、そんなとっておきのペンを置いておくのに相応しい。
エムスコープundefinedp-pen place2

M.SCOOP 「p-pen place2」 各4,000円+Tax


2wayで楽しめる

ペンスタンドとしては、かなり小さめ。これならデスクの上でもそれほど場所をとらなくて済む。木目が美しいウッド製で、上の部分はクネクネとした波のようなデザイン。その中央には穴が開いており、そこにペンが立てられるようになっている。
エムスコープundefinedp-pen place2

ウォールナット、チェリー、メイプルの3種類がある

穴の直径は、入り口が13.5mm~14mmで、内側は少々ゆったりとしていて16mm。さらに奥にいくと円錐状に細くなっている。ある程度の太さのペンもいれておけるが、最大の特徴はペンがほぼ真っ直ぐに立てられるところ。この立てた時の姿が美しい。美しいだけでなく、いざ、ぺんを取ろうしたときにサッと手にできる。
エムスコープundefinedp-pen place2

中央のペンの差し込み穴はただ穴が開いているだけでなく、細かくつくりこまれている

ちなみに、こうしてペンを立てた時もスタンドの安定感は抜群。実は、このスタンドの内部の底側には重りが4つ仕込まれている。
エムスコープundefinedp-pen place2

裏面には滑り止めのスポンジラバーが貼り付けられている。

波状にクネクネしたところにもペンをセットできる。こちらでは、ペンを横に寝かせるスタイルになる。波状のクネクネは上からみると十字状にあり、縦そして横のいずれにもセットできる。こちらの寝かせた姿もいい。
エムスコープundefinedp-pen place2

実は、ペンスタンドとして使わない時はペーパーウェイトにもなる。商品名「P-PEN PLACE2」の「P」はペーパーウェイトで、「PEN PLACE」はペンスタンド、そして最後の「2」はペンの縦置き、横置きの2通りを表している。

縦横どちらの場合も美しさと共に、取り出しやすさもしっかり確保されている。

冒頭で、とっておきのペンをセットするのに相応しいと紹介したが、それに限らず「今日はこのペンで仕事をする」と決めた一本をこのスタンドにセットする、なんていう使い方もいいと思う。

■関連リンク
M.SCOOP


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。