ハサミはいつ頃から?

いつ頃からハサミを持たせてもいいのか、と悩むお母さんも多いかと思われます。ハサミは、2歳頃から使いはじめたという子もいますし、入園して3歳ではじめて使ったという子など様々です。個々の発達段階によって異なりますが、こどもがハサミに興味を持ち親が持たせてもいいと判断した時が、ハサミを与えてもよい時期でしょう。

はじめてのハサミ

はじめて使うハサミは、親もこどももドキドキ。色んな種類のハサミがありますが、最初に与えるハサミはどんなものが適しているのでしょう。

ハサミは、プラスチック刃とステンレス刃があります。プラスチック刃は紙しか切れないので安全ですが、紙を切るにはコツがいるため、持つ角度や開き具合で切れないこともあります。その点ステンレス刃はよく切れるので最初は不安ですが、「切る」活動の範囲が広がるのはこのタイプです。

どちらにしろはじめて使うハサミは、刃先が丸く、グリップは指が滑りにくいもの。こどもの手のサイズに合っているものがいいでしょう。また、右利き専用、左利き専用、両利き対応のものもあります。こどもの利き手がはっきりしているのなら、その子にあった専用のものを選んであげてください。

ハサミの使い方を見せる

使う前、ハサミは危険な物であることを十分に理解してもらうために、注意事項や安全な使い方を教えてあげましょう。
  • 座ってハサミを使う
  • 髪の毛や洋服は切らない
  • 刃先を口に入れない
  • 開いた刃部分には手を触れない
  • 人に刃を向けない
これらは言葉で伝えるよりも、実際に正しい使い方とそうでない使い方を見せ、どうして注意をしなければいけないか訪ねながら教えましょう。その方が、この時期のこどもは頭に入りやすいです。

ハサミは、いつも胸の前で切ることを教えましょう。ハサミを持ってから、おとうさん指を上にし、開いたり閉じたりします。


ハサミを閉じて

ハサミを閉じて

「グー」にして……









ハサミを開いて

ハサミを開いて

「パー」で開く。「グーパー」「グーパー」と具体的な言葉がけをするとわかりやすいです。




 



さぁ、1回切りに挑戦!

細長く切った色画用紙

色画用紙を細く切る

色画用紙を1回で切れるように、細長く切ったものを使います。最初は、チラシなどの柔らかい薄い紙よりも、色画用紙ほどの厚みがあった紙の方が切りやすいですよ。





色画用紙を1回切り

チョッキン!1回切り

紙を持った手は、ハサミに近づけないようにね!








切った紙を使ってピザをつくろう!

紙皿でピザづくり

紙皿でピザづくり


材料:紙皿、のり、クレヨン、切った紙


クレヨンでトッピング

クレヨンでトッピング

紙皿に切った紙を貼ります。緑色はピーマン?黄色はチーズ?赤色は?「おいしいピザになぁれ」と、クレヨンでトッピングをしていきます。






色画用紙上に4等分したピザを並べる

いただきます!

完成したピザを色画用紙のランチョンマットの上にのせます。おかあさんが四等分して、一緒にごっこあそびを楽しむのもいいですね。










【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。