財布だけを持って歩かない

日本にいるとちょっとコンビニに行く時など、つい財布だけを持って出かけたりしますよね。しかしロサンゼルスでそれはやめましょう。近くのコンビニやカフェに行く際でも、必ずバッグに入れて行きましょう。ポケットに入れる場合は、チェーンなどで服とつなぐことを忘れずに。

現金を持って銀行から出てこない

日本だとついつい銀行でお金を下ろして出てくる時に、お金を財布に入れながらと言う人も多いですよね。アメリカでその行為はNGです。ATMでお金を下ろしたらその場でお財布に入れて、財布をバッグに入れてから、外に出ましょう。誰かが見ていて、つけて来ないとも限りません。

ロサンゼルスでは、むき出しのATMが、観光地の道端に置かれていたり、銀行の中ではなく外に置いてあったりすることも多いです。安全安心のために、建物の中にあるATMを選んでお金を下ろすようした方がいいですね。

夜は、タクシーかライドシェア使う

夜の移動は必ずタクシーで!

夜の移動は必ずタクシーで!

ロサンゼルスは都会と言われますが、ビルがあるのはごく限られたエリアだけ。東京の様に24時間きらびやかという場所もありません。また、ロサンゼルスは日本に比べて街頭が非常に少ないため、夜になると真っ暗なところもたくさんあります。

ですので、夜の移動はタクシーやUberなどのライドシェアを使った方がベターです。夜遅くまでバスも走っていますし、地下鉄もあります。昼間にそれらの公共交通機関を使っても問題はありませんが、夜はバスを降りた後や地下鉄の駅を出たところが真っ暗と言うこともありますので、心配な人はタクシーを!

日本と違い、ロサンゼルスに流しのタクシーはありませんので、ラクシーの場合、必ずホテルやレストランで呼んでもらいましょう。

夜の駐車は管理人のいるパーキングを利用する

ロサンゼルスは車社会なので、駐車場に困ることはありません。ストリートは無料で停められるところが多く、便利です。昼間はそう言ったところを利用してもほとんどの場合、問題ありません。しかし、夜、車を停める場合はお金を払ってでも管理人のいるパーキングに車を停めることをおすすめします。

ゴミが落ちているエリアには行かない

基本的には、街はとても綺麗です。ですがたまにストリートにゴミがたくさん落ちているエリアがあります。そういったところは、少し治安が悪いエリアなので、近づかないように!