子供が友人とトラブルを起こしたとき、
それが「いじめ」なのかどうか考えてみる

=alt""

子供のトラブルはいじめなのかどうか見極める

「みんながやっているからやっただけ」「大したことはしていない」といじめを正当化する子どもがいます。また「いじめは本当に悪いことなんだ」と思ってやっている子も実はそれほど多くありません。私が学校でいじめ防止授業をすると、「いじめは悪いことだと思っている人」と聞いても、「はい」と自信をもって答える子は全体の1割にも満たないのですが、授業を終わったアンケートを見ると「いじめは悪いことだと初めてわかった。」という声が多くあがることからも分かります。また、「いじめとあそび」「いじめとけんか」の見極めが難しい場合もあります(詳しくは「いじめとあそび、けんかの見極め方」もお読み下さい)。

大勢でいじめをすると、一人一人の罪悪感は「わり算」になります。しかし、一人一人のいじめる時間が短くても、人数が多ければ、いじめられる人は一日中攻撃を受け続けることになります。

文部科学省のいじめの定義では「『いじめ』とは、『当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。』とする。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。」となっています。もし、相手の子がいじめであると感じたら、それは「いじめ」なのです。ですから、子供の話を聴いて親がそれは「いじめである」と判断したら「いじめは悪いことなんだ」と子供にしっかり伝えて下さい。

いじめであることが分かったら謝罪が必要

子供のしていることが「いじめである」と分かったときには、相手に対してきちんとした謝罪が必要です。同じことを繰り返さないためには、以下の点を親子で考えてみることが大事です。自分の子供がしていることが「いじめである」と分かった場合、和解・謝罪への以下の4つのプロセスをしっかりと考えて話し合いましょう。

  1. 自分のしたことを振り返る
  2. なぜいじめたのかを考えて書きだす
  3. 二度と繰り返さないためのアイデアを書く
  4. 罪の償い方を考えて提案する

>>「自分のしたことを振り返る」には