男性のタイプ別「グッとくるファッション」とは?

服を選ぶ女性

恋愛成就の近道は、相手の好みに合わせて服を変えること!?

「男性がどういうファッションを好むか」というのは、一概には言えません。ただ一つ言えるのは、多くの男性はパンツスタイルよりもスカートを好むということと、あまりに流行の最先端のファッションよりもコンサバなものを好むということです。

男性のタイプにより、好みのファッションの系統も違ってきます。肉食系の男性は「いかにも女っぽいセクシーなファッション」を好みます。たとえば、タイトなミニスカートなどボディラインがハッキリした服装を好み、だぼっとした服やフリルのついた少女っぽい服を嫌う傾向にあります。彼らは、地味でつまらない格好よりも多少派手でイイ女オーラあふれる装いにグッとくるといいます。

反対に、草食系の男性は、あまりに女っぽいファッションだと腰が引けてしまうようです。そんな彼らには、ちょっとカジュアルな服装が好まれます。体にピッタリとフィットする服よりも少しだぼっとしたスウェットスカートや、優等生っぽいチェックのシャツを着こなすとポイントが高いようです。また、小花柄やパステルカラーといった女の子らしい装いにキュンとくるといいます。

このように、相手によって刺さる服装が異なります。好かれたい男性のタイプに合わせて服装を変えることで、恋の道はかなりスムーズになりますよ。

下着の好みが違い過ぎて破局することも!?

たかが下着といえども、あなどれません。下着の好みが違い過ぎてフラれることもあるんです。普段は見えない下着ですが、いざというときに気分を盛り上げる大事な役割を担っています。

おへそまですっぽり包むパンツやキャラクター物の下着は、どんなセクシーな空気も台無しにしてしまいます。実際に、キャラクター物の下着を見た男性は、「一気にその気がなくなってしまった」と言っています。自分一人でいるときは自分の好みを優先してもいいですが、彼と会うときは下着まで恋愛仕様にしておきたいですね。

ちなみに、女性目線でセクシーだと思いがちなTバックやガーターベルトは男性によって好き嫌いが分かれるので注意しましょう。柄についても、ヒョウ柄が好きな男性もいれば、苦手な男性もいます。パステルカラーが好きな男性もいれば、ビビッドカラーが好きな男性もいます。こればかりは相手に好みを聞くしかないので、そんなことまだ聞けない~というときは、白や桃色の下着を選ぶのが無難でしょう。関係が深まってきたら、徐々に相手の好みを探っていくといいと思います。

服も下着もあまりに自分の好みとかけ離れた物を身につけるのはストレスになってしまいますが、狙った男性のハートを射抜くためには相手好みに自分をラッピングする努力も必要です。服を選ぶときに、「自分をどう見せたいか」「どんな男性に興味をもってほしいか」考えてみるのもいいかもしれません。


【関連記事】
セフレで終わる女、本命になれる女
9割の男性が女性に求める3つのエッセンスとは?
目指せ、ゆる美人! モテる人の共通点は「抜け感」!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。