モントレーが1週間の“クルマ桃源郷”に

モンテレー・ウィークエンド

最終日の日曜に行われる世界屈指の老舗カーイベント、コンクールデレガンス

毎年恒例、クルマ三昧ウィークエンド@モントレーに今年も出かけてきた。

ちょうど日本のお盆休みにあたる8月半ばの週末、アメリカ西海岸の小都市モントレー&カーメル周辺には、世界中のクルマ愛好家たちが集まって、“クルマ桃源郷”が出現する。

初めて経験したのが1996年のことだったから、もうかれこれ20年近く通った計算に。昔から確かに凄かったけれど、近年は各イベントともにパワーアップ。年々、規模が大きくなってきている(と同時に、入場料もひどいインフレだ!)。

毎年、筆者は木曜日にモントレー入りして、日曜夜までどっぷり趣味のクルマを見て過ごすため、“モントレーの週末”などと言っているのだけれど、最近じゃ月曜日からメインの日曜日まで、ほとんど1週間に渡って何らかのイベントが開催されているから、もうエンドを取っ払って、“モントレー・オートモービル・ウィーク”というべきだろう。
モンテレー・ウィークエンド

コークスクリューで有名なサーキット、マツダ・ラグナセカ・レースウェイではレースイベントを開催

モンテレー・ウィークエンド

ラグジュアリーブランドの展示も。ランボルギーニはウラカンLP620-2スーパートロフェオを発表した