一般ユーザーが好むオープンカー


世界には、魅力的なオープンカーが多数存在します。軽自動車から超高級車までさまざまなオープンカーがあるわけですが、一般ユーザーはどのようなオープンカーを好んでいるのでしょうか。ちなみに「goo」で「乗ってみたいオープンカーランキング」という興味深い調査を行っていました。

ここでは30位まで掲載しているのですが、今回はランキングのなかからガイドの視点で選んだオススメモデルを紹介したいと思います。 高価で魅力的なモデルから、頑張れば買える現実的なモデルまでプライス的に幅のある5台を厳選しました。


フェラーリF430スパイダー

フェラーリF430スパイダー
見ても乗っても感動するスーパーオープン。2331万~2457万円

やはり本命でしょう。このF430スパイダーは、フェラーリだから選んだわけではないのですが、素晴らしすぎます。非の打ち所がありません! 360度どこから見てもフェラーリらしいスタイリングに感動! 走っても感動!

ミッドシップに搭載される4.3L V8エンジンは、490馬力を発生。4500回転付近でバルブが開き、突き抜けるようなエキゾーストサウンドを轟かせます。まずこの音にヤラレちゃいます。加速フィールも、まるでレーシングカーのようなレスポンスを示しつつ、踏み込めばどこまでも回っていきそうな青天井な感覚。世界一のV8エンジンだと断言してかまわないでしょう。

そして、ハンドリングも素晴らしい。自分を中心にどこまでも曲がっていく感覚で、しかも非常に安定しています。そして、意外かもしれないですが、乗り心地がいいんです。固さを感じさせることなく、タイヤが路面に吸い付いているような印象です。

このクルマは、どこを走ってもエキサイティングな気分にさせてくれます。高速道路を巡航しても、ワインディングを攻めても、あるいは市街地を流しても……。この感動を、ぜひ多くのみなさんにも味わって欲しい! 2500万円クラスのクルマだけに、なかなか難しいとは思いますが…

ジャガーXKRコンバーチブル

ジャガーXKRコンバーチブル
ジャガーならではのしなやかな乗り心地が魅力。1430万円

このクルマがどれだけ素晴らしいか? スタイリングも魅力的ですが、むしろ乗って感心したクルマでした。見た目としては、標準のXKシリーズをエアロフォルムとしたもので、流麗なフォルムの中に独特の迫力がプラスされています。

インテリアもジャガーらしく……といいたいところ。なのですが、レザーやウッドの使い方は、他の車種にない味はありますが、往年のジャガー車に比べるとけっこうアッサリしていて、個人的には少し残念。

しかし、走りにはいたく感動しました。426馬力を発揮する4.2L V8スーパーチャージドエンジンは、いうまでもなく十分にパワフル。そして、エンジン以上に感銘を受けたのが、足まわり。実は、乗ってみるまでそれほど期待していなかったのですが、乗って驚きました。しなやかにしっかりと路面を掴む感覚は、ソフトな中に固さのある、独特の味。今まで味わったことのない感覚です。

1500万円クラスのクルマではありますが、お金をかければこんなサスペンションもつくれて、こんなにいいクルマができるものなんだと、本当に感心させられました。

次ページでは国産モデルもランクイン!