ホンダS2000

ホンダS2000
最近タイプSも登場した。386万4000~399万円

高価なクルマが続いたところで、筆者が日本車でベストと感じているS2000を取り上げたいと思います。S2000も登場からずいぶん時間が経ちましたが、確実に進化を遂げてきました。

大きなところでは、まず2003年モデルで、ボディと足まわりが変更されて、乗り味が一変し、それまでトリッキーといわれていた危うさが激減しました。さらに、2005年のマイナーチェンジで2.2Lエンジンが搭載され、低速トルクが充実して乗りやすくなりました。

現時点で日本車でオープンカーというと、レクサスSC、日産Zロードスター、マツダ・ロードスター、ダイハツ・コペン、そしてホンダS2000と、5メーカーがラインアップしています。その中で、現時点でもっとも完成度の高いクルマだと感じています。価格は400万円たらずと、日本車としては高価ではありますが、現実的な範囲でしょう。

次期モデルの情報もいまのところなく、また最近、タイプSが登場したりと、新たな動きもあったばかり。S2000は、しばらくこのままラインアップされることでしょう。

BMW3シリーズカブリオレ

BMW3シリーズカブリオレ
4人乗り&電動ハードトップと使い勝手は抜群。335iカブリオレ。783万円

今やBMWは、Z4や6シリーズのカブリオレなど、多くの種類のオープンカーを擁するメーカーとなりましたが、この3シリーズカブリオレは、4人が乗れて、電動格納式ハードトップを採用したというオールマイティさも魅力です。

そして、エンジンがまた素晴らしい。3Lのストレート6に、BMWとしてはひさびさとなるターボチャージャーをセットしたエンジンフィールは絶品です。また、クイックなハンドリングをもたらすアクティブステアともあいまって、刺激的な走りが楽しめます。

電動格納式ハードトップを備えるので、閉じればクーペと何ら変わらない、外界と遮断された感覚となります。価格は783万円。がんばればなんとかなるでしょうか……?

ポルシェ・ボクスター

ポルシェ・ボクスター
911と比べるとリーズナブル。582万~751万円

そしてボクスター。ポルシェというメーカーも、実は意外なほどオープンカーのバリエーションを多く持つのですが、個人的にはボクスターをイチオシしたいと思います。

まず、下は500万円台後半からと、911よりも価格がだんぜん安い。十分に現実的でしょう。そして走り。エンジンは911のほうがパワフルですが、ボクスターはミッドシップです。おかげで、前後重量配分に優れ、ハンドリングがナチュラルなのです。個人的には、911系よりもボクスターの乗り味のほうが好みです。

ルックス的にも、しっかり「ポルシェ」しているところもイイ。十分にポルシェを所有する満足感を味わえることでしょう。911系との価格差はけっこう大きいのですが、価格差ほどの、精神面での違いはないのではと思っています。むろん、パフォーマンスがそれなりに違うのは事実ですが……。

という5モデルをピックアップしてみました。オープンカーというと、クルマの中でも「華」の中の「華」といえるカテゴリー。非常に魅力的なモデルが数多くラインアップしています。

まだオープンカーを体験したことのない人は、何らかの機会をつくって、ぜひオープンカーの素晴らしき世界を味わってみることをオススメいたします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。