ネット恋愛の罠とは? 気をつけるべき落とし穴

ネット恋愛の陥りやすい罠にご注意!

ネット恋愛の陥りやすい罠にご注意!

現在は、ネットで出会い、恋愛を始める人が珍しくなくなりました。でも、そこには気を付けておいた方がいい落とし穴もあります。
ネット恋愛で陥りやすい罠とはなんでしょうか?

ネット恋愛に対するハマり具合というのには個人差があり、人によっては実際に会う前から相手に恋をしてしまう人がいたり、さらにエスカレートすると、ネット上だけの交流のまま恋人同士になってしまったりする人までいます。

そういう人の共通点は何かというと、「自分の妄想で恋愛している」ということです。

現実的なことをいってしまうと、ネットだけを通して妄想を膨らませて相手を見ている行為というのは、“相手そのもの”を好きなわけではなく、相手をベースとした“自分が理想とする妄想の人物”を好きになっているだけともいえます

本当の意味で「人を愛する」というのは、自分にとって良いところだけではなく、悪いところも含めて受け止め、愛することです。相手を自分にとって都合良く思い込んで好きでいるのは、実際は相手のことを好きでも何でもないのです。

だからこそ、現実的に相手と関係を深めたい場合は、妄想を膨らませるよりも、“実物の相手”をきちんと見ることが重要です。

   

メールだけでは、その人の本質は分からない!

メールだけで相手を信じちゃダメ!

メールだけで相手を信じちゃダメ!

現実的には、メールだけでは“その人の本質”は分からないものです。

もちろんメールでも相手の人柄は出てくるものですが、それでもメールでは、都合の悪いことはスルーできたり、良いことばかりを書いて素敵な人を演じられたりすることもできるので、それだけで“本当の相手”を知ろうと思ったら、危険です。

例えば、小説を読んだ後、その小説を原作にしたテレビドラマや映画を見て、がっかりした経験はありませんか?
基本、人は「自分の想像するもの」が、自分にとって最高のものであることが多いもの。
だからこそ、どんどん勝手に相手の人物像を自分の理想的に作り上げてしまうと、実際に会ったときにがっかりしてしまう、なんてこともあるのです。

逆にいっても、相手がメールのやりとりだけで妄想し、恋心を募らせてしまうことは、現実の恋愛の障害になります。会う前から「自分のハードルを上げている」ようなものだからです。

だからこそ、もし相手とリアルに関係を深めていくことを望んでいるのであれば、なるべく早めに「メールだけの関係」から「実際に会う関係」にもっていった方がいいでしょう。
 

実際に会ってからが本当のスタート!

会うときは、明るい時間帯&人のいる場所で。

会うときは、明るい時間帯&人のいる場所で。


どんなにメールを頻繁に交わし、相手に親しみ感を抱いていたとしても、現実的には“初めて会う人”なのです。ネット恋愛の鉄則と言えば、「会ってからが、本当のスタート」ということです。
実際に会うときには、いくつか注意点があります。

●その1:会う時間帯や場所には、十分に気を付けましょう。
できれば明るい時間帯にし、何かあったら逃げたり、助けを呼べたりできるような、人通りのある場所で会いましょう。
暗い時間帯、人通りの少ない場所はもちろんのこと、初対面の人の車に乗るなんてことはもってのほかです。

●その2:「自分が想像していた人物像」と「実際の相手」のギャップを埋めることが大切。
実際に会ってみると、自分の想像とは違うこともあるでしょう。
「写真と違う!」「声がこんなに甲高かったの?」「なんだか、落ち着きがない!」なんてことだって無きにしも非ず。でも、自分の想像と違ったからって、残念そうな顔をするのは失礼です。
せっかくご縁があって出会えたのだから、自分の想像していた人物像とのギャップを埋めながら、実際に会った相手の素敵なところを見つけられるくらいでいた方がいいでしょう。

●その3:“普段の感覚”を忘れないこと!
会ってみたら、「想像通り!」「思っていた以上に素敵な人だった」なんてことも、もちろんないことはありません。ただ、そんなとき、自分の妄想で恋してしまう傾向がある人ほど、気を付けなくてはいけないことがあります。
それは、会ったその日のうちに肉体関係をもったり、お金を貸したりしない、ということです。

中には、「体の相性を見てから付き合うのを考えたい」「僕のことを信じてもらえなくて残念だ」なんて言ってくる人がいるようですが、ハッキリ言ってしまえば、それは“女遊びをする人が使う常套句”です。鵜呑みにしてはいけません!

Hをしなければ、さらにお金を貸さなければ離れていくような相手なんて、その程度の感情しか相手に抱いていません。あとで泣き寝入りしないためにも、じっくり慎重に関係を築くようにしましょう。
 

遊び目的の男性にご注意!

ネットの出会いは、遊び目的の男性が使いやすいツール!

ネットの出会いは、遊び目的の男性が使いやすいツール!

ネット恋愛の「気軽に出会いやすい」「共通の知り合いがいない」という環境は、女遊びをしたい男性にとっては、もってこいの条件でもあります。

共通の知り合いがいない分、バレる可能性は低いからと、色々な女性にちょっかい出している男性もいるというのをよく聞きますし、既婚者であることを隠している人も中にはいるようです。

さらに、ネットだけのつながりであれば、都合が悪くなれば「連絡を絶つ」だけでいいのです。
これほどにまで、“もろい関係”はなかなかないものです。だからこそ、相手と深く関わろうとする場合は、用心することが大切なのです。

個人的な意見で言えば、どこの世界でも、ルックスが良くて条件が良い男性は人気があるものです。もし、そんな男性とネットで知り合って、「彼女がいない」と言う場合は、普通以上に疑った方がいいと思います。
彼女はいないかもしれないけど、“遊ぶ相手”はたくさんいるかもしれませんよ?
   

ネット恋愛の5つの注意点

日常生活で縁がないような人とも出会えるのが、ネット恋愛の魅力!

日常生活で縁がないような人とも出会えるのが、ネット恋愛の魅力!

ネットから恋愛を始める人が珍しくなくなったからこそ、巷の女性は「私だって大丈夫なはず!」だと油断しがちです。
そんなときは、子供の頃に親から言われた「知らない人にはついて行っちゃダメよ!」という言葉を思い出しましょう。

ネット恋愛を始めるときは、何があっても自分を守れる状態にして、普段よりもより慎重になって行うことが大切です。

ネット恋愛をするときは、下記の5つのことを心がけましょう。
・妄想だけで恋心を膨らませないこと。
・実際に会って、“実際の相手”をしっかり見ること。
・「会ってからが本当のスタート」だと考えること。
・会うときは、「明るい時間」「人がいる場所」にすること。
・普通以上に慎重になって関係を進めること。


ただ、現代だからこそ、日常生活では縁がないような人とも出会えるのはネット恋愛の魅力でもあります。素敵な出会いがあるといいですね!

【関連記事】
【お知らせ】
★新刊や活動のお知らせは、公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」(毎日更新!)をぜひ、ご覧下さい!
 


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。