ワゴンRがハイブリッド登録でも大々的に謳わないわけは?

ワゴンR

軽ハイトワゴンでトップとなる32.4km/Lのカタログ燃費を達成した「S-エネチャージ」搭載のワゴンR。「S-エネチャージ」搭載のワゴンR「FZ」の価格は、2WDが137万2680円、4WDが149万3640円

一部改良を受けたスズキ・ワゴンR。「S-エネチャージ」搭載グレードは、32.4km/Lのカタログ燃費で、全高1550mm以上の軽ハイトワゴンではトップの燃費に到達している。

ウェブ上では「なぜ軽自動車初のハイブリッドと謳わなかったのか?」といった内容の記事が散見されるが、ご存じのとおり、スズキ・ツインやダイハツ・ハイゼットカーゴハイブリッドなど、軽にもハイブリッドは存在してきた。

なお、ガソリン仕様のほかに、軽自動車初のハイブリッドも設定していたスズキ・ツインは、2003年の発売で、アルトをベースにした2人乗りシティコミュータ。

投入が早すぎたのか時代が追いついていなかったのか、商業的には成功とは言いがたかった。しかもハイブリッドは、価格面からも本格的に売るわけではなく、生産台数的にもテスト的な仕様だったのかもしれない。

話はいきなりそれたが、「S-エネチャージ」を搭載したスズキ・ワゴンRは、CMでもカタログでも「ハイブリッド」とは大々的に謳っていない。

ワゴンR

ワゴンRスティングレーは「X」グレードに「S-エネチャージ」を搭載。2WDが146万1240円、4WDは30.2km/Lと2WDよりも2.2km/L下がり、価格は158万2200円

しかし、カタログの最後にある主要諸元の「主要燃費向上策」には、「ハイブリッドシステム」と大きく目立つように書かれていて、国土交通省の届け出ではハイブリッドになる。

なぜ、ややこしい話になったのか? 開発陣や広報の方にうかがうと、「エネチャージが浸透しつつあり、S-エネチャージでさらなる知名度アップを狙う」、「モーターのみの走行が可能なストロングハイブリッドと比べると、ハイブリッドとはいえない」という指摘を受けることも避けたかったようだし、他にも事情があるのかもしれない。

次ページ
では、気になるモーターアシストについて