お葬式にかかる費用、どれくらい?

お葬式にかかる費用って、どれくらい?

お葬式にかかる費用って、どれくらい?

保険の見直しやライフプランを作成する際、「万が一の際、お葬式代は賄えるように」と死亡保険に入ったり、支出欄に「葬儀:○○万円」などを予定したりしますが、実際は、お葬式にどれくらいお金がかかるのでしょうか?

●葬儀代そのものにかかった費用
鎌倉新書「いい葬儀.com 第一回お葬式に関する全国調査」(2013年)によると、お葬式そのものにかかった費用は、全国平均で約130万円とのこと。地域による差もありますが、最も割合が高かったのは、「100万円以上120万円未満」で16.2%でした。お葬式そのものといっても、式場使用料や火葬場使用料のほか、病院・自宅・斎場間などの故人の搬送代や安置室利用料、棺代など、葬儀前にかかるもの、通夜・葬儀の祭壇、遺影写真など、細かく項目が分かれています。

鎌倉新書「いい葬儀.comundefined第一回お葬式に関する全国調査」(2013年)をもとにガイド平野が図表作成(クリックすると拡大表示されます。)

鎌倉新書「いい葬儀.com 第一回お葬式に関する全国調査」(2013年)をもとにガイド平野が図表作成(クリックすると拡大表示されます。)


グラフを見ると、100万円未満の方も40%いらっしゃいます。最近は、家族や親しい人だけでお見送りをする「家族葬・密葬」や、火葬中心の「火葬・直葬」などを行うケースも増えてきたので、その影響もあるのかもしれません。

●飲食にかかった費用
同調査によると、お通夜や告別式の際に、飲食にかかる費用は、お葬式の規模や会葬者数によって異なりますが、全国平均は、約34万円とのこと。最も割合が多かったのは「10万円以上20万円未満」で約26%ですが、「10万円未満」(23.6%)や「20万円以上40万円未満」(24.7%)という方も多く、全体で70%以上の人が40万円以下でした。

●返礼品にかかった費用
返礼品にかかる費用は、以下の図をご覧ください。こちらも、会葬者数によりますが、全国平均は約39万円で、「10万円未満」「10万円以上20万円未満」「20万円以上40万円未満」が、それぞれ約22%となっています。
鎌倉新書「いい葬儀.comundefined第一回お葬式に関する全国調査」(2013年)をもとにガイド平野が図表作成(クリックすると拡大表示されます。)

鎌倉新書「いい葬儀.com 第一回お葬式に関する全国調査」(2013年)をもとにガイド平野が図表作成(クリックすると拡大表示されます。)


お葬式費用に関する特集記事などを見ていると、料金にどこまで含まれているのか不明瞭だったり、会葬者の人数などに変動があった場合の費用(単価)について、説明不足なケースもあるようです。葬儀は、突然必要になることが多く、遺族も動揺しているので、冷静にじっくり判断することは大変だと思います。中には葬儀会社にお任せしてしまうことも多いと思いますが、「見積書は請求されたら作成する」という業者さんもいるそうなので、きちんと出してもらって確認することをお勧めします。

お葬式にかかる費用、総額は?

お寺などに払う費用は、別なんだね。

お寺などに払う費用は、別なんだね。

ここまで、「お葬式そのもの」「飲食」「返礼品」の平均を合計すると、約203万円ということになりますが、結婚式と同様、地域の特性もあるでしょうし、平均額はあくまでも目安です。ご自身やご家族がどのような葬儀を希望するか、が大切です。また、お坊さんに支払う読経料や戒名料、これからお墓を用意する方は、お墓の費用も別途かかります。宗教や宗派によっては、戒名に入れる文字の数で、お布施の金額も変わるようです。まずは、ご自宅(夫婦)やご実家の宗教や宗派を確認して、法事などの際に、かかる費用の目安について聞いてみるのもよいでしょう。

>>入ってくるお金はどれくらい?