再婚というと、相手は日本人をイメージしますが、グローバル社会になった今では、国境を超えるのもアリです。再婚相手が外国人でも、全く問題ありません。とはいえ、外国人との再婚には、日本人との再婚にはない難しさがあるのも事実。具体的にどんな点が困難なのか、この記事で紹介します。

外国人とのお見合いもアリ

先日、ある国の王族の末裔の41歳の男性と日本女性3人とのお見合いをしました。詳しい国籍などは書くことはできませんが、王族の末裔なので、経済的な面では申し分ありません。結婚すれば、一生安泰です。

女性側は、どんな人がお見合いしたのかというと、まずは一人目。国立大学を卒業した後で大手企業に就職。父親が会社経営者なので、一般的に言われるお嬢様です。年齢は25歳なので、まだまだ若いといってもいいでしょう。TOEICは895点です。

二人目も、父親が会計事務所を経営しているお嬢様で、名門大学を卒業して東大の大学院に進学、今は学校の先生をしています。年齢は31歳で、TOEICは満点をとったそうです。

三人目はアメリカの大学を卒業して、外資企業に勤めている女性です。父親が外資企業に勤務していて、こちらもお嬢様。年齢は35歳で、TOEICは950点 ととったとのこと。

このように、3人ともすばらしい学歴を持っているし、家族もとてもしっかりしています。そんなこともあって、王族の末裔の男性は、この中の一人がとても気に入って猛アタックをしていました。でも、今回のお見合いは成功しなかったのです。


海外で暮らすことへの抵抗

外国人との再婚もあり。でも、日本と海外の文化は大きく違う点もあることは、おさえておこう

外国人との再婚もアリ。でも、日本と海外の文化は大きく違う点もあることは、押さえておこう

なぜ女性が断ったのかというと、理由はいくつかあります。まずは、海外で生活することへの抵抗です。もちろん海外旅行などは何度も経験していますが、旅行で行くのと、結婚をして行くのでは全然違います。結婚したら、その国の文化を受け入れる必要があります。しかも王族の末裔なので、もしかしたら伝統的な文化を守ることに厳しいかもしれません。日本と全く違う習慣の中で生きていく自信がないのが、理由のひとつです。