【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「セフレで終わるオンナ」の特徴

イベントが多い出会いの季節は、開放的な気分になりやすいものです。そんな中、気になる人と近付けたら、普段はコンサバな女性であっても、つい男性と一夜を共にしてしまうかもしれません。そこで問題なのが、「セフレで終わるか」「本命の彼女になれるか」です。

今回は、「セフレで終わるオンナ」と「彼女になるオンナ」の違いをご説明いたします。
 
考える女性

男性に軽く扱われてしまう「セフレで終わるオンナ」の特徴とは?

男性と一夜を共にした後、セフレで終わるオンナと彼女になるオンナの決定的な違いは、「ベッド以外で会いたいかどうか」です。どんなに外見が好みのタイプでも、中身がからっぽだったり、会話をしてもつまらなかったりしたら、彼女にしたいとは思わないでしょう。

ましてや、既にセックスをしてしまった後だとしたらどうでしょうか? 男性からしたら目的を達成したわけですから、あえてつまらないオンナ相手に面倒な手間をかけてデートに誘ったり、一生懸命に口説き落とす必要は感じられなくなってしまうでしょう。

セフレで終わるオンナには、「中身のある会話ができない」「自分の考えがなく流されやすい」「その場のノリ重視で軽率に行動してしまう」「嫌われることを恐れたり、空気を読み過ぎてハッキリと主張できない」「一緒にいてもつまらない」といった特徴があります。

このような女性は、男性に「このオンナは、強く迫れば押し倒せるだろう」と思わせてしまいがちです。また、自分の考えがなかったり、実のある会話ができないことから、「この人をもっと知りたい」という人としての興味がわきにくいという特徴があります。興味がわかなければ、残念ながら、欲望を処理する対象としてしか見られなくなってしまうでしょう。

男性だって、魅力あふれる尊敬できる女性をセフレにはしません。厳しい言い方になってしまいますが、男性に軽く扱われるのは「尊い存在だと思われていない」ということなのです。
 

「彼女になるオンナ」の特徴

彼女になるオンナは、ズバリ「ベッド以外でも会いたいオンナ」です。会話をすれば楽しく盛り上がったり、しっかりと自分の考えをもっていたり、その女性から学ぶところや気付かされることがあったりして、男性に「彼女のことをもっと知りたい」と思わせる女性です。

そんな女性に対して、男性は「色々な所に一緒に行きたい」「色々なことを一緒に楽しみたい」「色々な場面の彼女を見たい」「彼女がどんなときに何を思うのか知りたい」と興味津々になります。そして、できる限り多くの時間も手間もかけて大切にしたいと思うものです。

当然ですが、男性だって、大切にしたい相手には優しく丁寧に接しますし、相手を喜ばせたいと思ったり、守りたいと思ったりします。男性にそう思わせる女性は、その男性にとって「唯一無二の価値がある尊い存在」だといえるでしょう。

>>次のページでは、「セックスから始まる恋はあるのかどうか」お話しいたします。