心地良い輝きと不快な輝き

日本語には光輝く様子が幾つもの言葉になっています。「煌々」、「きらきら」、「ぎらぎら」、「燦々」、「ちらちら」、「赤々」、「仄々」などです。このなかで、例えば「きらきら」と「ぎらぎら」では輝きの様子がかなり異なります。

「きらきら」は光輝いている様子のなかで、星空や宝石、水面に反射した光のように輝きに心地良さや美しさがあります。一方「ぎらぎら」は強烈に光り輝く様の意味があり、目をそむけたくなるような眩しさをイメージします。(写真1)
イメージ写真

写真1.上:水面に反射した光が「きらきら」と輝く 
下:「ぎらぎら」と表現できる強い日差し


このように輝く光のなかには眩しさを伴うことがあります。一般に眩しすぎると不快感が生じたり、明るくてもものが見えにくくなる現象が起こりやすくなります。英語ではこれをGlare(グレア)と言っています。

北半球の北緯の高い国は1年を通して平均すると太陽高度が低く、目に直接光が入る時間が長いです。通常視線では太陽高度が40°以上にあれば太陽光の眩しさは自覚しにくいとされています。

イメージ写真

写真2.太陽高度が比較的低い北欧

例えばアイスランドのレイキャヴィークやフィンランドのヘルシンキなどは夏でも太陽高度は低く、なかなか陽が沈みません。

私は何度か北欧に行っていますが、特に朝日と夕日は目線近くに比較的長くあるため、太陽に向かっていると、直射光を浴びやすく、また空があまり明るくないので、対比の効果も加わってとても眩しかったことを覚えています。

したがってこのような地域に住む人たちは、より眩しい光に敏感であることが納得できます。

それに比べ日本では太陽光は頭上にあることが多いので、直射光を浴びる時間が少なく、その分、眩しさに鈍感になっているのだろうと思います。逆に、太陽の反射光を通常視線で見ることが多く、直射に比べ輝度が分散されるため「ぎらぎら」よりも「きらきら」に輝く光景が増えていると考えられます。

次のページでは「高齢社会とグレアレス照明」についてご紹介します。