メーカー別デジタル一眼カメラの傾向と対策

デジタル一眼カメラではハイエンド、ミドルクラス、エントリークラスというピラミッド形のラインナップで商品を発売しているメーカーが多い。しかし、あくまでも原則的に……であり、注力しているシーンによってはそうではないというメーカーもある。

また、同じ『エントリークラス』としている製品でも値段の幅はかなりあり、レンズキットで4万円台から7万円台のものまであり、一口にエントリーといってもごくシンプルなものから可動式液晶ディスプレイを搭載したものまでが範疇となっている。そのあたりのラインアップの違いも読んでいただければ理解していただけると思う。

コンパクトデジタルカメラでも同様のコンテンツを用意しているので、そちらもごらんいただきたい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。