純正ワイコンが付く広角レンズがお勧め
ソニー SEL16F28

 

 

純正のワイドコンバージョンレンズ(以下ワイコンと略します)が付く広角レンズがお勧めです。例えばソニーのミラーレスなら、SEL16F28。オリンパスのマイクロフォザーズなら M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 2.、または2.R。パナソニックのマイクロフォザーズなら H-PS14042、または H-H014 という具合です。

ソニーの例で言えばワイコンを装着すると、元のレンズの約0.75倍の焦点距離になります。E16mm F2.8に装着する事で、12mm F2.8になります。35mm判換算焦点距離で言えば、元の24mmが、18mmの超広角レンズになる優れものなのです。

実はワイコンには市販品もあるのですが、元のレンズとの相性が悪いと映りも悪く、飽きて使わなくなるものです。しかし、純正品なら光学系も専用設計ですので相性も抜群。元のレンズと一体感のある外観デザインも冴えます。ソニーでは0.75倍になるウルトラワイドコンバーターの他、魚眼レンズになるフィッシュアイコンバーターもあります。魚眼なんて使わないと思っても一万円強で使えるのですから、試してみる価値があると思います。

なおオリンパスやパナソニックには、純正のマクロコンバージョンレンズもあるので、お勧めです。市販のクローズアップフィルターでも代用出来ますが、やはり専用設計の物をソニーでも出して欲しいものです。


■SEL16F28
メーカー名:ソニー
・公式HP:SEL16F28 31500円
http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL16F28/
・ウルトラワイドコンバーターVCL-ECU1 13,650円
http://www.sony.jp/ichigan/products/VCL-ECU1/
・フィッシュアイコンバーターVCL-ECF1 15,750円
http://www.sony.jp/ichigan/products/VCL-ECF1/


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。