ドイツからやってきた野菜スライサー
万能のBorner(ベルナー) V5-スライサー

野菜のスライスはどんな道具を使っておられますか?包丁とまな板があればどんなスライスも自由にできるというかたもいるでしょうが、なかなか思いどおりの厚みで揃えることはむずかしいですね。また切れ味の悪い包丁では折角の野菜の栄養分を台無しにしてしまいます。

今回ご紹介するドイツBorner(ベルナー社)のV5-スライサーは、オニオンサラダの薄いタマネギスライスから、切りづらいトマトを均一の厚さにスパッと切って、美味しいサラダや料理を楽しむことができます。またみじん切りの野菜もお手の物です。
borner

Borner V5スライサー


 
borner

Borner V5スライサーの裏側(メインフレームには2種類の厚みの違う千切りとみじん切りができるブレードをホールドできる)


 
グレープフルーツ、オレンジ、みかん、パイナップル、メロン、キウィ、いちごなどの果物類、セロリ、キュウリ、ズッキーニ、パプリカ、マッシュルーム、しいたけ、人参、キャベツ、白菜などの野菜類など、日々の食卓を飾るこれらの食材を手軽にスライスすることができます。
borner

Borner V5スライサー トマトを切る前に安全ホルダーに取付ける


 
borner

Borner V5スライサーでトマトをスライス


 
borner

オニオンスライスも厚みを3種類にスライスできます。


 
borner

安全ホルダーは裏から針が出て野菜をホールドする


 
borner

安全ホルダーで野菜をくわえる


 
borner

均一に極薄のオニオンスライスができる


 
borner

プレーンインサートを3.5mmと7mmのストリップインサートに交換すると短冊切りやみじん切りができる。ホルダーを左に45度傾けるとみじん切りが。


 
borner

ホルダーを右に90度傾けてスライスするとみじん切りができる


 
キッチンツール売り場には、国産、輸入品の様々なスライサーが並んでいますが、3種類の厚みのスライス、2種類の短冊切りとみじん切りが手軽にできる最高の品質と性能、そして耐久性を誇るBorner V5-スライサーをあなたのキッチンツールにぜひおすすめします。他の機種と比べるとひとまわり大きいボディですが、使ってみるとこの大きさが安定して使い安いことが分かります。

Borner V5-slicereuro kitchenのサイトから購入できます。いろいろな機種がありますから特徴を理解して選んでください。

©July.2014 CopyrightHIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。