30年前、“勉強本”は皆無でした

『ビリギャル』こと、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴著 KADOKAWA)が35万部を超えるベストセラーになっていますが、いまや試験勉強をはじめとする”勉強本”は一つのジャンルとして定着しています。

私が大学受験した30年前は勉強法の本は数少なく、勉強法なるものを意識して大学受験している人は少なかったと思います。

せいぜい、「歴史は山川(出版社)の教科書がいい」とか「東大狙うなら『大学への数学』をやらないと」など、参考書に関する情報が飛び交っているぐらいでした。

私自身、今でこそ、『速読勉強術』や『合格(ウカ)る技術』、『「1分スピード記憶」勉強法』をはじめ、たくさんの“勉強本”を出していますが、大学受験のときは、勉強法なるものがあることも知らず、とにかくがむしゃらに試験勉強をしていました。

ただ、後から当時の自分を勉強を振り返ってみると、結果的にかなり効率的な「勉強法」を行っていたことに気づきました。

そして、その体験が、その後、速読法や記憶術を学ぶなかで、私独自の勉強法(高速大量回転法やテキストまるごと記憶法)をまとめる土台にもなっています。

今回は、私が東京大学に現役合格したときの「勉強法」のうち、特に世界史と日本史に絞って、そこで行っていた「記憶法」をご紹介します。

新聞配達しながらの私の勉強法とは?

かの『ビリギャル』が通っていたのは進学校で、しかも高2の夏から塾にいっていたそうですが、私は進学校に通っていたものの、彼女と違って塾にも予備校にも行っていませんでした。

というのも、当時、父が病気で入院していて生活がかなり苦しかったからです。

高1から奨学金をもらってなんとか通学を続けている状況で、高2の終わりごろからは新聞配達のバイトも始めていました。

そんなわけで、お金のかかる模擬試験もなかなか受けられず、初めて受けたのは高3の夏でした。しかし、その結果は、最低の“F判定”(要志望校変更)。

先生と親との進路面談でも、担任の先生からは「東大は絶対無理だからやめておけ」と言われました。

しかし、先生への反発心もあり、自分としては「絶対に東大に合格してやる!」と猛勉強を始めたのです。とはいえ、お金がないので塾や予備校で勉強するという選択肢はありません。

そこで私がとった勉強法は驚くほどシンプルなものでした。

それは「教科書を毎日読む」

世界史は学校の授業があったので、そこで使っていた教科書を、この1冊に絞ってとにかく毎日読んだのです。

日本史は学校の授業を取っていなかったので、新書版の『試験に出る日本史』(五十嵐和敏著 青春出版社)という参考書を買い、この1冊に絞ってひたすら毎日読んでいました。

ほかに選択肢がない中で行ったこの「勉強法」が、実は効率的な勉強法であり、記憶法でもあったのです。

なぜ、「教科書を毎日読む」のが効率的な勉強法・記憶法なのか?