桐谷さんが10月に注目している銘柄とは?

夏の暑い日に、桐谷さんに注目の10月優待を教えていただきました!

夏の暑い日に、桐谷さんに注目の10月優待を教えていただきました!

10月に権利確定する優待株は、22銘柄のみ。選択肢は非常に少なめですが、そのなかから、桐谷さんが「実際に買いたい&購入済み」のオススメ銘柄を5つ教えてもらいました。

果たして、どんな株がランクインしているのか。注目です!


東日本ハウス<1873>

「東日本ハウス<1873>は住宅事業を展開する会社なのですが、ここは系列会社に銀河高原ビールがあるので、銀河高原ビール製造の「小麦のビール缶 12本セット」が優待でもらえるのが魅力です。以前、岩手でこのビールに出会って以来、私のお気に入りなんですヨ♪配当が3.23%あるのも高評価のポイントですネ。一時期、業績不振で100円台まで下がっていたけれど、銀河高原ビールの優待をつけて優待銘柄になり、アベノミクスで一時は800円くらいまで上げました。今は、少し落ち着いていますが、配当が3%以上で美味しいビールが届くということで、おススメ銘柄に入れました」

トップカルチャー<7640>

「トップカルチャー<7640>は書籍などの販売やCD、DVDレンタルなどを扱う「蔦屋書店」を展開する会社で、レンタルは、大株主カルチュア・コンビニエンス・クラブの加盟店。472円で単元株数は100株だから4万7200円で買えるんですが、優待をもらうには300株から。つまり、約14万円が必要です。300株持つと、1000円の図書カードか、レンタルの2000円分優待券がもらえるんですが、図書カードを選んだ場合は0.7%、レンタルを選んだ場合は1.4%の利回り。図書カードを選んだとしても、配当の3.18%と合わせると4%近い実質利回りになります。株価も割安で、買いだと思いますヨ」

TASAKI<7968>

「TASAKI<7968>の昔の社名は、田崎真珠。真珠や宝石を扱う会社です。昔は1000株で1万円券が年に2回の他、パールネックレス20%引き、その他の製品も15%引きというカードをくれましてネ、非常にいい優待だったんです。今はないですが、当時は配当もあったし……。ここは、神戸に本社があるんですが、阪神大震災で打撃を受けたこともあって凋落の一途をたどり、株価も一時は500円を切り、配当も無くなっちゃった。優待も、今は100株で10%割引券が年に4枚くるだけ。私のように、“タダじゃないと優待の意味がない!”という人にとってはつまらない優待。じゃあなぜここをすすめるのかというと、非常に割安なんです。SBI証券の10段階で見ても10だったし、メディアの理論株価では3578円になってましたネ。私的には大損をしてますけども、今10万円で買うには、いい銘柄だということでチョイスしました」

正栄食品<8079>

「正栄食品<8079>は食品を取り扱う会社。以前は、1000株以上でお菓子の詰め合わせが年に2回と通販カタログの50%割引券が2枚届いていたのですが、最近は100株の優待も始まりました。こちらは、お菓子の詰め合わせが年に1回(1000株とはお菓子の内容に違いあり)。現在の株価が879円だから、以前なら約88万円が必要だったところを8万7900円で株主になれるので手が出しやすくなりましたネ。配当も2%程度で平均並みですし、お菓子の優待は、ファミリーにも人気があるので選びました」

トーシン<9444>

「トーシン<9444>は携帯電話の販売代理店を展開している愛知の会社で、ゴルフ場なども運営しています。ここは、3.5%という高い配当が魅力。株価が571円で、100株単位なので5万7100円で株主になれますネ。優待は、100株の場合、携帯電話を購入するときの割引券と、自社グループ運営のゴルフ場利用料金の割引、平日1Rの無料招待。ゴルフ場は、岐阜県に2つと三重県に1つ、栃木県にもあるようです。私は、ゴルフはたしなみませんが、ゴルフをする人にとってはなかなか魅力的な優待なんじゃないでしょうか」

※株価、利回り等は取材時のものです

★次は桐谷さんのお宝銘柄とガッカリ銘柄についてインタビューします!

桐谷 広人さんプロフィール
1949年広島県出身、将棋棋士・投資家。日本テレビ系のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で現金を使わず、株主優待のみで生活をする姿が話題になった。現在はテレビ、雑誌、書籍などで幅広く活躍し『桐谷さんの株主優待生活』など著書多数。

取材・文/西尾英子 撮影/松本英明
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。