2018年にあなたがますます豊かになるために

皆さんこんにちは、ロバート・キヨサキです。新しい年を迎え、皆さんが経済的にもますます豊かになるようにと願っています。

仮想通貨バブルの注意点とは?

仮想通貨バブルの注意点とは?



前回、「年末年始の休みに時間をとって、1年を振り返り、新年の目標、そして経済的自由を手に入れるため、あなた自身がますます豊かになるための計画を立てましょう」とお話しました。目標と計画は立てましたか? まだの人は、今からでもいいからやってみましょう。行動することが大事です。

やり方がわからないという人は、私の著書『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』の第11章「ラットレースから脱け出すための7つのステップ」を参考にしてみてください。同書は、お金の世界とあなたの取るべき行動について、より具体的に教えてくれます。

仮想通貨バブルに踊る前に…

世界は今、ビットコインやイーサリアム、リップルといった仮想通貨(cryptocurrency)の話でもちきりです。価格の変動が激しく短期で1000%以上もの利益が出せるとなれば、飛びつく人が激増するのもわかりますが、無知であればそれだけ危険をはらんでいることも事実です。

最近、仮想通貨についてよく聞かれます。私はいつも、「仮想通貨についてはよく知らないので投資していません」と答えています。個人的には金(ゴールド)に投資するほうが好きです。30年後に仮想通貨がまだあるかどうかはわかりませんが、金は確実に残っているからです。

私自身は仮想通貨への投資をお勧めしていませんが、皆さんにその考えを押し付けるつもりはありません。私が言いたいのは、投資対象が理解できていないなら、まずそれについて学びましょうということです。そして投資するかどうかを決めるのはあなた自身です。

危険なのは投資ではなく「投機家」

今回お話したかったのは、仮想通貨のことではありません。「お金に関する愚かな行為」についてです。仮想通貨のニュースサイト「コインテレグラフ」によれば、世界中でビットコインに投資している人の18%が借金をしてコインを購入しており、そのうちの22%の人がクレジットカードの支払いができなくなっているという調査結果があるそうです。

彼らは投資家ではなく「投機家」、すなわちギャンブラーです。一攫千金を当て込んで、高い金利で借りたお金で勝負をして負けたのです。何度も言っているように、投資が危険なのではなく、知識も経験もなく無謀な投資をする人、「投機家」が危険なのです。

では、どうしたらいいのか? そう、『金持ち父さん』シリーズの愛読者の皆さんはもうご存知のように、金持ち父さんの教えを学び、それをしっかり身に付けることです。次に3つの基本の教えを挙げておきます。あなたの「投機家」のお友達にも教えてあげてください。

あなたをバブルから守る金持ち父さんの3つの基本の教え

1.「資産」と「負債」の違いを知る
金持ち父さんの定義では、「資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるもの」、「負債とはあなたのポケットからお金を取っていくもの」でした。仮想通貨は、買ったときにはあなたのポケットからお金を取っていくので、その時点では「負債」ということになります。

2.「キャッシュフロー」に投資する
キャッシュフローを生むもの、たとえば投資用の不動産物件に投資すれば、毎月家賃収入が受け取れます。物件価格が上がろうが下がろうが関係ありません。仮想通貨を買って値上がりするのをただ待っている人は、2008年のリーマン・ショックで全財産を失った人と同じ目に遭うのではないかと心配になります。

3.「良い借金」と「悪い借金」の違いを知る
金持ちの最大の秘密は、「良い借金」と「悪い借金」の違いを知り、「良い借金」だけを使っていることです。銀行やベンチャーキャピタル、投資家など、OPM(Other People’s Money=他人のお金)を使えるようになるとパワフルな投資ができます。仮想通貨はキャッシュフローを生んでくれないので、そのためにクレジットカードで借金するのは良い借金とは言えません。

ごく簡単に説明しましたが、あなたが経済的自由を手に入れたいと真剣に思っているなら、「キャッシュフローを生むものに投資することが重要だ」ということをぜひ覚えていてください。

今あなたがお金をいくら持っているかは問題ではありません。あなた自身の将来のより良い経済状態のために、今あなたが何をするかが問題です。少しずつでいいので毎日続けることが大事です。今年もお金について楽しく学びましょう。

★金持ち父さんのエッセイは次回に続きます!

教えてくれたのは……
ロバート・キヨサキ氏

投資家、ビジネスマン、ベストセラー作家。著書『金持ち父さん 貧乏父さん』にて金持ちがお金について自分の子供たちに教えていること、中流以下の人たちが教えていないことを明かす。労働所得(給料)で生きるのではなく、お金がお金を稼ぎ出す不労所得の重要性を説き、お金教育の一環として『キャッシュフローゲーム』を開発した。

★ロバート氏の連載を第1回から復習したい方はコチラへ!
「貧乏父さんが金持ち父さんに変わる新常識」を好評配信中!


「金持ち父さん」日本オフィシャルサイト
http://www.richdad-jp.com/

写真/松本英明

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。