好きな言葉のTVCMでおなじみの名倉俊輔医師が解説します

好きな言葉のTVCMでおなじみの名倉俊輔医師が解説します

医療用レーザーを味方に若返る

「いつまでも若々しくありたい」と思うのは、女性共通の願いだと思います。
見た目を若々しく保つと、それだけで周囲から一目置かれたり、なにかと得をする場面も増えるでしょう。


 
最近は、化粧品やエステだけではなく、美容医療をうまく使って綺麗を保つことが多くなってきています。
しかし日本の文化では、美容医療を受けている事をあまり他人には話さないのが一般的です。できれば「何もケアしていないのに綺麗でいる」というのがベストだという価値観なのでしょう。

このことを踏まえると、人にバレずにケアするには「医療用レーザー」は強い味方になります。

しみ、しわ、たるみが悩みのトップ3

しみ、しわ、たるみが悩みのトップ3

老けて見える3つの肌トラブル

肌は年齢を顕著に現します。加齢により気になるのは「シワ」「しみ、くすみ」「タルミ」の3点です。

ここをうまくケアしていくと、いつまでも明るく、綺麗な肌でいられます。逆にこの3つが増えてくると疲れて、年老いた印象になってしまうのです。



 

若返り整形がばれる3つの理由

周囲に若返り整形がばれてしまうのには、いくつかの理由があります。特に気をつけたい3つのポイントはコチラ。

1・施術後の腫れや内出血が目立つ
2・変化が大きく、今までと見た目が大きく異なる
3・傷跡がある

レーザーの特徴として波長や出力の設定や種類の設定が細かくできる事があります。例えばシミをとる場合には色素に反応するレーザーを使用します。このレーザーを用いた場合はシミのように色素の濃い部分に強く反応が起こるため、周囲の組織には影響が少なくてすみます。

レーザーはターゲットを絞った施術ができるので、その他の部分への影響が少なく、結果として腫れや内出血は出にくく傷跡もできません。
このような理由からレーザーを使った施術は、ばれにくい若返り整形に有効です。

次ページでは、具体的なレーザー治療について紹介していきます。