不思議なことに、同じ場所にいても蚊に刺されやすい人と刺されない人がいます。「O型は蚊にさされやすい」、「ストレスと関係がある」など、その要因が都市伝説化しているものもあります。今回は「蚊に刺されやすい ウソ・ホント」を医学的観点から考えてみました。

O型は蚊に刺されやすいってホント?

答えは、「本当ですが理由は不明」です。 害虫防除技術研究所の白井良和先生は、2004年のJournal of Medical Entomologyで蚊はO型の血液型を好むと報告しています。蚊に刺される頻度がO型で83.3%、A型で46.5%と、O型の血液型の人が刺されやすい事が判りました。蚊の腸内にある、吸った血液型を調べるとO型、B型、AB型、A型の順に多かったとの報告もあります。残念ながら、理由については不明です。O型の人の体温や二酸化炭素、汗などが、他の血液型と若干異なる可能性があるのかもしれません。とはいえ、A型の人が蚊に刺されないわけではありません。

肥満は蚊に刺されやすいってホント?

肥満

肥満とアルコールは刺されやすい?

答えは、「本当」です。理由は、肥満の方は体表面積が広く、その分蚊に刺される範囲も広いということなので、確率的に刺されやすいと言うことです。また、肥満の人は汗をかきやすいので、蚊が対象を発見しやすいということもあるでしょう。

妊婦は蚊に刺されやすいってホント?

答えは、「本当」です。理由は肥満の方と同じく、妊婦も体表面積が広くなるためです。それに加えて、妊娠後期では肺がお腹で圧迫され、呼吸数が多くなり、その分二酸化炭素を発しやすくなることも挙げられます。また、体温も高めであり、そのことでも蚊を引きつけてしまいます。

ストレスのない人は刺されやすいってホント?

答えは、「ウソ」です。ストレスがあるかないかでは関係ありません。しかし、ストレスによって汗をかいている場合は、蚊を引きつける可能性があります。

子どもは刺されやすいってホント?

子ども

子どもは刺されやすい?

答えは、「本当」です。子どもは体温が高く、代謝がさかんであること、そして汗をかきやすいことから、蚊を引きつけてしまいます。

アルコールを飲むと刺されやすいってホント?

答えは、「本当」です。飲酒することで、皮膚の血管が拡張します。すると、体温が上昇しますので、蚊を引きつけてしまいます。またここでも、汗をかくことでさらに引きつけてしまいます。

黒い服を着ていると刺されやすいってホント?

答えは、「本当」です。イエ蚊は、夜行性のため、暗い色を好むと言われています。そのため、黒い服は蚊を引きつけてしまう可能性があります。

日焼けしている人は刺されやすいってホント?

答えは、「本当」です。蚊は、白と黒の色を感知し、黒色を好むと言われています。そのため、日焼けしている人は蚊を引きつけてしまう可能性があります。

運動している人は刺されやすいってホント?

答えは、「本当」です。運動していると、汗をかきます。汗が蚊を引き寄せますし、運動によって、二酸化炭素の排出も増えますので、より蚊を引き寄せることになります。

上記で挙げたいくつかの内容から考えて、蚊に刺されやすくなる主な要素は、汗・体温が高い・体表面積が広い黒色の4点にまとめられます。つまり、これらの対策がそのまま蚊の対策につながると言えるでしょう。

次のページでは、これまでの要素を踏まえ、蚊に刺されないための対策をご説明します。