奥三河の静かな温泉

旅館で出される料理。「会席は食べきれないしカロリーも気になるわ」という貴女にオススメしたい宿が「薬膳の宿 はづ木」。奥三河と呼ばれる愛知県北東部の湯谷(ゆや)温泉にある温泉宿です。
はづ木写真1

対岸から見る宿の景色

東京方面からは東名と新東名高速道路を使って約3時間です。また、ローカル線の旅もいかがでしょうか。豊橋駅と長野県南部の辰野駅間を結ぶ日本一長いローカル線。「飯田線」が走っています。

宿がある湯谷温泉は、開湯が1300年前とされる歴史ある温泉場。8軒の宿屋が流紋岩の滑床が続く「鳳来峡」と呼ばれる渓流に面して並んでいます。

近くには「ブッ・ポウ・ソウ(仏法僧)」と鳴くフクロウ「コノハズク」が生息することで知られる鳳来山もあるので、道中で訪ねてみるといいでしょう。

宿は木造3階建て

今回の宿「はづ木」は駅を降りて静かな温泉街を歩くこと約5分。建物は木造の純数寄屋造り三階建て。表通りから暖簾をくぐると外の暑さがうそのよう。正面の窓からは川風が流れ、柔らかい光が差し込んできます。

さあ、ご案内しましょう。

はづ木

宿は古民家を移築した

次のページでは、薬膳茶と源泉かけ流しの温泉について。