乗り継ぎもスムーズ

成田空港の第1ターミナル南ウイングには「スターアライアンス」の加盟各社が集合。

成田空港の第1ターミナル南ウイングには「スターアライアンス」の加盟各社が集合

空港のサービスも共有化が進んでいます。成田空港を例に見てみましょう。第1旅客ターミナルの南ウイングには「スターアライアンス」各社が原則として集い、利用クラス別に共同で使用するチェックインカウンターや多くの自動チェクイン機を設置。自動チェックイン機では、加盟会社 の搭乗手続きが簡単に行えます(現時点では対象外の航空会社もある)。

同様に、第1ターミナルの北ウイングには「スカイチーム」各社、そして第2ターミナルには「ワンワールド」各社が集結しています。「ひとつ屋根(ターミナル)の下」に加盟会社が集まり、施設やサービスを共有することで、乗客の利便性を高めようと、各アライアンスは考えているのです。

アライアンスの加盟会社を乗り継ぐ場合は、基本的に成田で全行程のチェックインができ、手荷物も原則として最終目的地まで預かってもらえます。出国審査を通過した後も、ファーストクラスとビジネスクラスの利用者、および加盟各社のマイレージプログラムの上級会員は、各アライアンスの加盟会社のラウンジが使えます。マイレージファンはよくご存知でしょうが、いずれかの加盟会社の上級会員(一部の下位のステイタスは除く)の資格があれば、エコノミークラスを利用するときも原則として各社のラウンジが使えます。なかでも成田の第2ターミナルにあるJALの本館ラウンジや、第1ターミナルにあるANAの2つのラウンジなどは、世界でも有数の規模とサービスを備えた施設として人気があります。

 

仁川国際空港にある大韓航空の「KAL LOUNGE」(サテライト側)は、主に「スカイチーム」のメンバーが使用。

仁川国際空港にある大韓航空の「KAL LOUNGE」(サテライト側)は、主に「スカイチーム」のメンバーが使用

乗り継ぎにおいてもアライアンスのメリットは大。成田だけでなく、世界各地の空港でターミナルの共通化が順次進められており、加盟会社同士の乗り継ぎ時間を短縮しています。さらに、乗り継ぎやすいようにお互いのスケジュールを調整したり、悪天候などで便が遅れそうなときは到着便と出発便の状況を把握して遅延の影響を最小限に抑えたりして、スムーズな乗り継ぎをサポート。また必要に応じて、到着便の降機口にスタッフが待機し、乗り継ぎ便までシャトルバスなどで案内してくれることもあります。やむをえない事情で飛行機が遅れても、アライアンス同士の乗り継ぎなら、不安がかなり軽減されますね。

 

マイレージでの提携が核に

アライアンスのマーケティング戦略の核となるのが、マイレージプログラムでの提携です。マイレージは、搭乗距離や区間数に応じて、無料航空券などの特典がもらえる人気のサービス。アライアンスの加盟会社同士では、マイルの相互加算、特典の相互利用ができます。例えば「スターアライアンス」なら、ユナイテッド航空のマイレージの会員が、ルフトハンザに乗ってユナイテッドの口座にマイルをため、そのマイルをシンガポール航空の無料航空券の特典に交換する、といったことも可能です(加算率や対象となる航空券の種類、特典に必要なポイント数などは、各プログラムによって異なる)。

また、年に何度も飛行機に乗るビジネスマンなどのために、共通の上級会員のステイタスを設け、そのレベルにより、ラウンジの利用や空港での優先搭乗、キャンセル待ちの優遇などさまざまなサービスが、世界中どこでも受けられるようにしています。例えばスターアライアンスには「スターアライアンスゴールド」「同シルバー」、ワンワールドには「エメラルド」「サファイア」「ルビー」のステイタスがあります。

旅行ファンにとって、マイレージは大きな関心の的で、提携関係で航空会社を選ぶも人も多いといいます。マイレージが、旅行者を自分たちの陣営に呼び込む重要なツールになるため、各アライアンスはサービスの充実を競っているのです。