ワンワールド

世界には3つの大規模なアライアンス(航空会社の提携グループ)がありますが、そのひとつが「ワンワールド」(注1)です。日本最大の航空会社である日本航空(以下JAL)が加盟していることから、日本の旅行者にもおなじみのアライアンスといえるでしょう。JALのほかには、アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズキャセイパシフィック航空フィンランド航空カンタス航空など、日本路線でも長い歴史をもつ大手航空会社をはじめ、イベリア航空(スペイン)、ラン航空(チリ)、マレブ・ハンガリー航空(ハンガリー)、メキシカーナ航空(メキシコ)、ロイヤル・ヨルダン航空(ヨルダン)など、各国を代表する航空会社が加盟。メンバーはあわせて11社です。

「ワンワールド」が発足したのは1998年。3大アライアンスのなかでは、1997年に発足した「スターアライアンス」に次いでスタートを切りました。設立メンバーは、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カナディアン航空(その後、エア・カナダに吸収合併され離脱)、キャセイパシフィック航空、カンタス航空の5社。翌99年から実際の運営が始まり、この年にフィンランド航空とイベリア航空が加盟しています。

各社のクルーがそれぞれの制服姿で勢ぞろい(JALが加盟した07年)。

各社のクルーがそれぞれの制服姿で勢ぞろい(JALが加盟した07年)。

「ワンワールド」加盟会社の多くと2社間の提携を結ぶなど、もともとこのアライアンスに近い存在だったJALは、2007年に加盟しました。成田空港の第2ターミナルには、ワンワールド加盟航空会社が集まり、地上サービスや乗り継ぎが便利になるよう工夫しています。唯一、第1ターミナルに残留していたブリティッシュ・エアウェイズも、この秋には第2ターミナルへ移転する予定です。

 

「サービスのクオリティ向上と維持」が
全メンバーの共通目標

「ワンワールド」は「世界中を飛び回るお客さまに、より快適な価値ある最上級の旅を提供する」ことをコンセプトに掲げています。JALによると「ワンワールドには質の高い、厳選されたメンバーが集い、洗練されたサービスを提供している」とのこと。「ワンワールド」のサービスのクオリティは「3大アライアンスのいずれかのマイレージプログラムにおいて、トップティア(上級会員)のステイタスをもつ、世界12都市の計400名を対象にした顧客調査でも、高い評価を得ました」(同)。

また旅行業界の専門家たち18万人の投票により選ばれる「ワールド・トラベル・アワード」では、7 年連続でワールド・リーディング・エアライン・アライアンス賞(世界をリードする航空アライアンス賞)に選ばれ続けています。「パートナーの数ではなく、常にクオリティに焦点を当ててきたことが、世界中の旅行経験豊富な方々に認められ、光栄です」と加盟会社の担当者は語ります。

こうしたサービスの品質に加えて、「ワンワールド」では、リアシュアランス(Reassurance:約束されたアライアンスのサービスとベネフィットが確実に提供されること)、およびタイムセイビングス(Time Savings:オンライン予約から空港到着、機内、到着地での手荷物の受け取りまで、スムーズな旅の実現)の2つを柱に、メンバー間で利用者に対する品質の維持に日夜努めています。