ドイツビールとは?

ドイツビールの美味しさの隠し味は伝統へのこだわり

ドイツビールの美味しさの隠し味は伝統へのこだわり ©BBMC Tobias Ranzinger

ドイツと言えばビールの本場! でも、なぜドイツビールは一目置かれるビールなの?こう問われてドイツビールを語れてしまうあなたは結構なビール通ですね。でも今回は、熱烈なビール党より、これからドイツビールに出会う人のための入門編。美味しいドイツビールをさらにちょっぴり味わい深くする基本情報をお届けします。


「ビール製造にはホップ、麦芽、水、酵母だけを使用すること」。ドイツビールの原料は法律でこう定められています。他国では風味を良くするためにコーンスターチやスパイスなどを加えることも普通ですが、ドイツビールに副原料はタブー。原料は4種類だけでも、ドイツビールのバリエーションと風味の豊かさは世界でも群を抜いています。

ドイツビールの原料へのこだわりには、約500年の伝統があります。起源は1516年にバイエルン公国で発布された「ビール純粋令」。これは粗悪品の横行を防ぎ、ビールの品質を守るための法律でした。ビール純粋令に則った醸造は、高品質のドイツビールの証として守り継がれ、21世紀の今日に至ります。

ビール純粋令が制定されたバイエルン公国があったのは、現在の地図ではミュンヘンを州都とする南ドイツのバイエルン州のあたり。9世紀頃にはすでにビール醸造が行われていた地方で、ドイツビールのふるさとです。バイエルン地方にある数々の歴史あるビール醸造所の中でも、1040年創業のヴァイエンシュテファン(Weihenstephan)は、現存する世界最古のビール醸造所として有名です。

ドイツビールの今日

バリエーション豊かなドイツビールなら老若男女問わず誰でも好みのタイプが見つかるはず ©Malter, Erich/Tourist-Information Neumarkt

バリエーション豊かなドイツビールなら老若男女問わず誰でも好みのタイプが見つかるはず ©Malter, Erich/Tourist-Information Neumarkt

伝統を守り続けるドイツビールは、今も昔もドイツ人の毎日に欠かせない存在。各地にはそれぞれ自慢の地ビールがあり、現在、ドイツ全土に醸造所1300軒以上、5000種を上回る銘柄があるという統計があります。輸入ビールもありますが、ドイツ全体のビール消費量の7%程度。ドイツで愛されているのはやっぱりドイツビールです。

最近ではドイツ人のビール離れが徐々に進んでいるそうですが、それでも一人当たりの年間ビール消費量は約111リットルで世界第三位。ちなみにドイツ人一人当たりの水の年間消費量は約140リットルなので、ビールは水のように飲まれているみたいですね。参考までに、日本のビール年間消費量は、発泡酒等を加えても一人当たり約48リットルで世界49位。世界一と第二位に輝いたのは、ドイツ人もビール飲みの国と認めるチェコとアイルランドでした(データはいずれも2008年の統計)。